小さな肩に背負込んだ僕らの未来は
ちょうど今日の夕日のように揺れてたのかなぁ。

イタズラな天気雨がバスを追い越して
オレンジの粒が街に輝いている

遠回りをした自転車の帰り道
背中にあたたかな鼓動を感じてた

『さよなら。』と言えば君の傷も少しは癒えるだろう?
『あいたいよ・・・。』と泣いた声が今も胸に響いている

不器用すぎる二人も季節を越えれば
まだ見ぬ幸せな日に巡り逢うかなぁ。

なんとなく距離を保てずにはにかんでは
歯がゆい旅路の途中で寝転んだね

『さよなら。』と言えば君の傷も少しは癒えるだろう?
『あいたいよ・・・。』と泣いた声が今も胸に響いている

人波の中でいつの日か偶然に
出会えることがあるのならその日まで・・・

『さよなら。』僕を今日まで支え続けてくれたひと
『さよなら。』今でも誰よりたいせつだと想えるひと

そして
何より二人がここで共に過ごしたこの日々を
となりに居てくれたことを僕は忘れはしないだろう

『さよなら。』
消えないように・・・
ずっと色褪せぬように・・・
『ありがとう。』