×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
 


かこにっき

〜管理人、鬱の危機〜


2005年6月 前半



上に行くほど、新しい日記となっております。
古い日記から読みたい方はこちら。→




日記のtopに戻る


 
 


 
 


やることいっぱい!


6月15日(水)


 学校もそうなのですが、他にも色々と。


 寝る間が惜しいですね〜。
 そう思えるって事は、少し精神状態が回復したのでしょうか。


 
 


 
 


カウントダウン。


6月14日(火)


 そろそろ終わりも近づいてきました教育実習。
 あと、授業は2回を残すのみ。

 色々、かなり、ツライですけど・・・ここが、ふんばりどころ。


 そういえば。なんか、高校時代にあまり面識が無かった先生にまで「最近どうだい?囲碁のほうは。」と、囲碁トークを投げかけられるんです。そんなに、高校のとき浸透してたんですかね・・・院生だったのもあるのでしょうが。

 まぁ、知っていただいてるというのは、良いことなのだと思います。


 
 


 
 


とりあえず。


6月13日(月)


 色々と、気が楽になりました。

 つらいのは変わらないのですが・・・土曜の号泣で、少し開き直れたのでしょうね。


 教育実習は、楽しいけど、キツイ。考えてみたら・・・24時間、そのことばかり考えているわけですし。実際に、12時間以上学校に拘束されていますから。

 そう考えると。ただ、淡々と進んでいた研究室での実験生活。
 でも、そんな日常が、本当は凄く幸せだったんですよね!

 そのことに気が付いただけでも、この実習をやっている価値が出てきたのかもしれません。


 
 


 
 


日曜日よりの使者。


6月12日(日)


 とりあえず、明日の実験実習の準備をしていました。
 練習は重ねたから、きっと大丈夫・・・な、はず。

 ということで、早めに寝ることにします。


 
 


 
 


号泣。


6月11日(土)


 指導教諭に、余りにも酷い物言いをされて。
 まぁ、こちらが悪い点も多々あったのですが。

 で、その先生が帰った後・・・別の先生に愚痴りながら、遂に泣いてしまいた。
 話を聞いてくれた先生は、高校の時に自分が担当して貰っていて、仲が良かった先生で。


 本当に、気が晴れました。
 明日、実験、頑張らないと・・・。


 
 


 
 


すぱいらる。


6月10日(金)


 まぁ、いつもの如くイジメ抜かれてたわけです。
 相変わらず、褒められる気配すらありませんが・・・自分の能力が無いのでしょうね、きっと。


 重なる雑用。進まない準備。
 高くなる要求。果てしない誤解。


 いったい、どうしろって言うんでしょう・・・鬱にでもなれってか。
 それだったら、もう既に、軽く、なってますってば。


 
 


 
 


おくすり。


6月9日(木)


 あまりにもあまりな精神状態だったので。帰り、塾(勤務先)に寄ってきました。
 小学校時代から居たので、故郷のようなもの。先生やってても、いつまで経っても、やっぱり恩師前では生徒ですから(笑)。



 話しこんできたおかげで、少し楽になりました。良い気分転換だったのでしょう。

 明日から、また、頑張れるかも知れません。


 
 


 
 


極致。


6月8日(水)


 これでも、まだ序の口なのかも知れませんが。

 本日、授業2回目。自分の中で、1回目よりは上手くいったつもりだったのですが・・・。
 終わってみると、ダメ出しの雨霰。

 一番ショックだったのは、詳しくは書けませんが、謂れの無いことでどぎつい叱咤を受けたことですね。もう意味不明で、泣きそうでした(というか、1人だったら間違いなく泣いてました)。まさに、凹みの極致。


 そんな状態で帰ったにもかかわらず・・・さらに、精神の決定的な破損にアイスピックを突き刺すような身内の一言。
 「高い所あれば逝けるんじゃない?」くらい思いましたよ、全く。


 流石に・・・その逃げの手段は何の解決にもなっていないし、そんな行為をしたところで何の有益なことも無いことぐらい理解しているので、しませんが。

 そんな時に、林檎女史の曲を大音量で聴いて癒されるって間違ってますかね(笑)。


 
 


 
 


う〜ん。


6月7日(火)


 あれができたら、これをやって。
 これをやったら、それをやって。

 指導してくれている先生は、どんどん高い要求をしてきます。
 まぁ、考えてくれていて有難いのですが。

 楽しいけれど、酷く疲れる生活です・・・。


 とりあえず、虐め抜かれてはいますが、なんとか生きていますのでご安心を。
 Bbsにはレス付けられていませんが、読んでいます。心温まるメッセージ、どうもです。


 
 


 
 


砂上。


6月6日(月)


 に、楼閣を作る感じでした・・・抽象的に言うと。


 具体的に言うと、今の悩みはpH(水素イオン濃度)を知らない生徒たちに如何にして中和滴定曲線を教えようか・・・ってことです。

 俺が悪いのか?
 お前が悪いのか?


 とりあえず、生徒とは仲良くなれてきたので、楽しいんですけどね。
 授業はどうも・・・。


 
 


 
 


閾値。


6月5日(日)


 充分、準備をする時間はありました。
 精一杯、やれる準備はやりました。


 しかし、何かが心の中で超えたらしく・・・恐ろしいプレッシャーに苛まれてます。


 せっかくの実習なんだから、楽しまなければいけない。
 わかっていても、でも、失敗は決して許されない。


 小さい頃から、一発勝負には慣れているのですが・・・なんでしょうね、この感じ。


 それでも、明日はやってくる。


 
 


 
 


・・・。


6月4日(土)


 予想通り、模擬授業はボロボロになりましたが。

 なんで今日言ったこと2日前に言ったこと4日前に言ったことが全部違うんですか、先生。


 自分で考えなかったのも悪いのでしょうが・・・わからないじゃないですか、そんな最初っから。
 実習開始時点で言ってくれれば、こんなに苦労することも無かったのに。授業計画狂いまくりで。


 明日、死ヌル思いで準備して・・・月曜、授業です。
 あ〜あ、ありがたいですよ、本当。若いうちの苦労は、買ってでもしろってね。


 
 


 
 


どうなのよ・・・。


6月3日(金)


 明日が模擬授業だってのに、まだ指導案すら書きあがってません。
 板書の練習はしたのですが、どうにもこうにも・・・。


 精神を、ズタボロにされそうな予感。

 勉強にはなるんですがね、つらいですわ。

 
 


 
 


れっつ、こみゅにけ?


6月2日(木)


 相変わらず大変な生活。でも、ペースがほんの少し掴めたのか、少しだけ・・・ほんの少しだけ、重圧が減りました。
 生徒とも、だんだんコミュニケーションが取れるようになってきましたし。


 まだまだやることは山積みですが、頑張ります。


 
 


 
 


キャラ変更?


6月1日(水)


 いつから自分の中で、新キャラが生まれたのでしょう。

 実習を一緒にやってる人に言われたのですが・・・う〜ん?

 無意識って、怖いですねぇ。