×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
 


か行



 ●カカリ
 隅の石に対して、相手から打っていく手をカカリと呼びます。



 黒1から白4まではいずれもカカリです。黒1と白2は、ケイマにカカリを打っているのでコゲイマガカリと呼びます。ちなみに、オオゲイマと区別するため『コゲイマ』と言っていますが、意味はケイマと変わりませんので念のため。
 黒3と白4は、一間にカカっているので一間高ガカリと呼ばれます。なぜ『高』がつくのかは定かではないですが、「ケイマより位置が高い」という意味かもしれません。
 カカリの後の手順は、「定石」のページで詳しく説明します。 





 ●カケ
 語源は「かける」からきているんでしょうか。ニュアンスはそういう感じ。



 黒1のように、斜めからかぶさっていく手がカケです。競り合いの時に、よく使われます。





 ●カケツギ
 ツギの変形。ナナメにツギを打つ感じです。



 石数が多くなってしまいましたが。黒1〜白4はいずれもカケツギ。ツギを打つと効率が悪いな・・・というときに、カケツギを打ちます。左上、星の三々入り定石はその典型例。左下は、2ヶ所の断点を同時に守っています。
 これをもし、全てツギで打ってしまうと・・・。



 一見して、効率の悪さが目につきます。左下は、1子のキリが残ってしまいました。
 カケツギとツギ、どちらを打つかはケースバイケースです。最初のうちは迷うかもしれませんが、慣れればだんだんわかってきます。





 ●カタツキ
 ある石に、斜め上から迫る手をカタツキと言います。



 白1〜白3は、いずれもカタツキです。一番有名なのは、三々にカタツキ(白1)でしょう。
 ちなみに、「カタツキ」のニュアンスは「肩を突く」だと思われます。ツケまではいかないまでも、結構激しい手です。





 ●ケイマ
 次のように、一間トビから一路ずらした手をケイマと言います。



 黒1と白2は、いずれもケイマです。このケイマという呼び名は、将棋の桂馬の動きから来ています。
 一間トビより少し連絡がしにくい代わりに、少し効率が良いです。
 二間トビから一路ずらした手は大ゲイマと呼ばれます。文字通り、ケイマを大きくしたものです。



 ケイマよりさらに効率が良いですが、その分あまり連絡はきっちりしていません。一長一短です。
 一間トビとケイマ・大ゲイマの使い方の違いは、結構難しいので、今のところはあまり気にしなくて良いです。





 ●コウ
 漢字で書くと、「劫」です。「とにかく長い時間」という意味。
 次のような形です。



 白、1子を取ります。



 そうすると、黒は1子を取れる形になります。



 と、2コ前の形に戻ります。取って、取られて、取って、取られて・・・一生続きます。勝負がつきません。
 これを防止するために、次のようなルールがあります。「コウはいったん取られたら、2手違うところに打たないと取り返してはいけない。」つまりコウを取られたら、すぐには取れないので、「アタリ」とか「キリ」とか、相手が次に打たないといけないところに打ちます。相手がそれに受けたら、取れます。このような手を「コウ材」と呼びます。
 文章だけだとわかりにくいと思うので、実際にコウ争いを見てみましょう。



 黒1でアタリをツグと死んでしまうので、コウにしました。ここからコウ争い開始です。



 すぐに取り返せないので、他の場所に打ちます。



 黒3にツケ。次にもう1手打たれると、白はバラバラになります。なので・・・。



 白4に受けます。黒3と白4の交換をしたので、コウが取れるようになります。



 黒5に取ります。
 こんな感じでコウ争いが続きます。受けなくて良いと思ったら、左上に手を入れてしまえばコウが解消できます。
 コウのルールによって、囲碁は数段面白くなっていると思います。





 ●コスミ
 ナナメに連絡する形です。



 1から4までは、いずれもコスミです。特に初心者の人は、ナナメが怖いというイメージがあるかも知れませんが・・・コスミは、絶対に連絡を断たれることがありません。
 というのも・・・。



 片方に「切るぞ〜」と打たれたら、もう片方にツギを打てば良いのです。両方打たれたら切れてしまいますが・・・。
 ということで、2手連続で打たれない限り、切られることはありません。コスミが切られてしまったら、それは打ってる方の注意力散漫が原因です。





 ●コミ
 囲碁は、土地の広さを争うゲームです。その性質上、やはり黒(先番)が少し有利に出来ています。
 そこで・・・黒は先に打つアドバンテージの代わりに、白に「コミ」と呼ばれるハンディを支払います。

 現在、コミは6目半になっています。「半」というのは、0.5のことで。現実には存在しませんが・・・引き分けを防ぐために、便宜上作られている数字です。
 要するに、「白は、最終の地に6目加算。」「引き分けの場合、白の勝ち。」と理解していただけると、わかりやすいです。





「囲碁用語の基礎知識」に戻る