×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

     
 


な行



 ●二段バネ
 文字通り、二段にハネる手。ハネの変型です。基本的に、切られることが前提の激しい手。
 それだけに、使う場所によっては非常に強力な手段になります。

 黒1・3が二段バネ




 白は当然、キリ。そして、1子を取ります。





 しかし、ここで黒は反撃。アタリを打った後、出ます。これもアタリになっていて、抵抗不能。
 結局、突き破られてしまいます。大打撃。




 ということで、二段ハネにはツグくらいしかなく。黒もツギ、見事に封鎖できました。
 これが、二段バネの威力です。



 二段バネは、相手のダメが詰まっているときにより高い威力を発揮します。使い方を間違えると自滅してしまう可能性もありますが、これを使いこなせるとカッコイイです。
 あと、二段バネによって思わぬ粘りを発揮できるときもあります。どちらにしても、石が目一杯に張った手段といえます。





「囲碁用語の基礎知識」に戻る