×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
 


た行



 ●タケフ
 石のツギ方の一種です。



 白1に対して、黒2がタケフです。
 D-5にツギを打つよりも効率的です。

 この手は、交互に打ってる限り連絡できます。
 すなわち・・・。



 白の手に反応すれば、切られることはありません。
 ということで、非常に効率の良いツギということになります。
 憶えておいて、損は無いです。




 ●ダメ
 「どちらが打っても地にならない場所」という意味と、「石の呼吸点」という意味があります。死活で使う場合には、後者。
 具体的には、こんな感じです。



 下の2つの空間は、ダメです。これは、前者の使い方。



 この形、黒には外に4つダメがあります。
 これが、後者の使い方です。

 ダメは、石の呼吸点です。ダメが詰まるというのは、言わば窒息状態。お世辞にも良いとは言えません。
 実際、死活ではダメが詰まっていたばかりに、生きるはずの石が死んでしまうことも珍しくないです。





 ●ツギ
 文字通り、石を「つなぐ」ときに使います。



 黒1〜白4はいずれもツギ。ツナギとも言います。ナナメで、切れてしまいそうな石どうしを連絡するのに使います。石はつながると強くなるので、ツギは重要です。





 ●ツメ
 語源は「詰め寄る」の略なんでしょうか。確たる根拠は無いですが、そういうニュアンスの手です。



 黒1・白2・黒3のように、相手の構えに詰め寄っていく手をツメと呼びます。ヒラキと兼用して打たれることが多く、そのときはヒラキヅメと言ったりします。
 効果としては、相手の地の幅を削減したり、打ち込みを狙ったりする・・・などがあります。局面によりけりですが。





 ●ツケ
 文字通り、相手の石に「付ける」手です。



 黒1から白4は、全てツケです。見てもわかるように、かなり激しい手です。ぶつかっていく感じ。1子だけのツケはあまり見られません。ツケを打つと、だいたい両方が固まることが多いです。
 使い方は難しいですが、管理人は大好きな手だったりします(笑)。




 ●ツケヒキ
 「ツケ」て「ヒキ」を打つ動作を、略してツケヒキと言います。小目のツケヒキ定石が、有名です。





 ●トビ



 次のような手を、トビと呼びます。
 置かれた石から、直線状に離して置くのがトビです。1コ空いてる場合は一間トビ。2コの場合二間トビ。3コの場合三間トビとなります。こんな感じです。



 上から一間トビ、二間トビ、三間トビの順です。ただ、三間以上になると、普通はトビと言いません。
 当然、石が近ければ近いほど、連絡は密です。一間トビの場合、つながりを切られることは滅多にありません。



 黒が一間トビしている状態。そこから、白1で黒と黒の間に打ってきて強引に切断しようとしても、あまりうまくいきません。上の図は一例ですが、番号順に黒10までで逆に取られてしまいます。参考までに。
 特に、一間トビは連絡が密で効率もそれなりに高いので、使う機会は多いと思います。




「囲碁用語の基礎知識」に戻る