×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
 


わ行



 ●ワリコミ
 「割り込む」が語源でしょう。相手の一間トビの間に打つ手をこう呼びます。



 黒1から白4は、すべてワリコミ。一間トビの間に割り込むので、かなり強引。黒2や白3の状況では、かなり成功率は低めでしょう。黒1のように自分が強化できる状況で、良く使われます。
 しかし、周りが鉄壁だった場合、ワリコミも成立します。成立すると、一間トビの連絡すら切断できるので・・・必殺の手段と言えます。





 ●ワリツギ
 ワリコミの後、ツギを打つ一連の動作。いちいち言うのが面倒なので、略して「ワリツギ」と呼びます。



 具体的には、黒1・3がワリツギです。割り込んで、ツイでいますね。




「囲碁用語の基礎知識」に戻る