×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
 


第1局




 1局目の題材は、級位者どうしの対局です。




 黒は三連星、白は二連星の立ち上がりです。
 級位者は大体、星打ちが多いですね。
 定石も少なくて覚えやすいのでオススメです。

 白はカカリを打ちました。




 カカリに対してハサミ。
 何気なく打ってますが、実は大切な手です。

  【参考図1


 カカリに対して、反射的に受けているということはありませんか?
 このHPでも何度か説明していますが、厳密に言えば悪手です。

 というのも、布石は「広い場所から打つ」のが鉄則です。
 なのですが・・・。



 手順を変えたのがこの図です。
 黒1の星は、果たして一番広い場所でしょうか?

 答えはNOです。
 左辺や下辺と大きいところはいくらでもありますので、右辺は幅が狭い。
 ということは、カカリに受けるのは辺の星を生かしきれていないということです。




 ハサミから定石通りに進行しました。
(定石知らないよって人は、”星の定石”で詳しく解説してあるので太字からリンクたどってください)
 こうなることで右辺が大きな模様になり、星の位置が生かされています。
 互角の進行です。




































topに戻る