星の定石【11】



 【10】までは、星に対するカカリの定石についてでした。
 ただ、定石といっても1隅だけで進行しているわけではありません。周りの状況によっても、定石は変わってきます。
 そこで、ここでは星の他に石がある時の定石を取り上げます。



 まずは、右辺に星がある場合の、カカリ・一間バサミ。



 この場合、逆からオサエを打つのが成立します。



 白5にハイを打ちます。黒6にノビ。白7のサガリは、なかなかの手です。黒はケイマに打ち、ここまでで定石です。
 ちなみに、サガリがなぜ良いかというと・・・。



 サガリを打つと、後々ツケが狙いとして残ります。黒は、L-2にハネると、白にL-3にキリを打たれていけません。なので、黒はL-3にノビを打つくらい。つまり、下辺に対してはかなり強いです。

  《定石18》  ★★


 これを、もし右辺に星が無い状態で打つと、大変なことになります。



 星下に打たれて、厚みは役に立たず。地を取られた損だけが残ります。
 間違いやすいので、要注意です。



 ちなみに、白は三々に入らずに両ガカリするのは、かなり危ないです。



 黒に三々を占められて、苦しい戦いを強いられます。



 カケてみたところで、出てキリを打たれてバラバラです。相手の石が多いところで戦うのは、あまり良くありません。

 以上、右辺に星があるときの応接でした。


 ◆星の定石【12】



「星の定石」に戻る