構えのススメ【3】



 今回は、高中国流を説明します。
 【2】で説明した中国流とは、兄弟みたいなものです。

 《3》高中国流
地:★★★☆☆
模:★★★★☆
実:★★★★☆



 黒5の位置が高くなった構えが、高中国流。ネーミングセンスは無いですが、「高い中国流」の略です。

 ということで、応接も中国流と似た感じになります。



 下辺に迫る場合、カカリは手段としてありますし・・・。



 内側からカカリを打つ場合も、ほぼ同じ進行になります。黒8のスベリは、逆に白9-Sとスベリを打たれると堂々と生きられてしまうので、必須です。それによって、中国流の場合と違い中央に出られることになるので・・・若干、白は楽になっています。白10のトビ出しは、中央への脱出法の一例。

 つまり、内側からの侵略がしやすいということです。



 右上隅からの侵略にも同じことが言えます。2線を塞ぐのに1手かかる分、白の脱出は楽になっています。
 しかし、高中国流にも利点があります。それは・・・。



 上からの消し(ボウシ)が無く、中国流に比べて圧倒的に模様が消しにくくなっている点です。
 そういった意味では、むしろ三連星に近い構えでしょう。

 特徴からすると、【三連星 → 高中国流 → 中国流】という構図になります。どれも、模様を張るのが目的の構えですが・・・中国流は、地でも行ける構え。三連星は模様一辺倒。高中国流は、その中間と言った感じです。
 どれも、正に一長一短。好みによって使い分けてみてください。



 ◆構えのススメ【4】




「構えのススメ」に戻る