×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
 


構えのススメ【4】



 隅+隅+辺と打つ構えは、【3】までで一段落です。この3つが、構えとしては最もポピュラーでしょう。

 あとの構えは、隅+シマリが中心です。シマリについては、囲碁用語の基礎知識でも軽く触れましたが(リンク先参照)。それを用いた構えの説明に入る前に、シマリの特徴について説明しておきます。


 【1】コケイマジマリ



 コゲイマジマリの特徴は・・・なんと言っても、その堅さにあります。余程のことが無い限り、10目の地が減ることはありません。

 その堅さの反面、弱点もあります。模様の中核にはなりにくいのです。
 具体例を見てみましょう。



 コゲイマジマリから、両翼に模様を張った形。一見、大模様なのですが・・・。



 白1のボウシで、一気に消されてしまいます。



 黒は右辺を重視するなら、ケイマ。以下、黒3はヒキくらい。白4はどう打つものかわかりませんが、とりあえず白の形はゆったりしてしまいます。他にも変化はありますが、どれも大同小異です。



 下辺重視なら、黒はコスミが一般的。白は露骨にコスミツケを打ち、ハネを決めてケイマ。
 力んで黒が切りに行っても、暖簾に腕押し。白は綺麗に捨てて、形を整えてしまいます。


 少し横道にそれましたが・・・。
 要するに、コケイマジマリは上からの攻撃に弱いのです。



 先程の形から、黒1に備えられれば理想的。これで、模様の中核として機能します。
 つまりは・・・コゲイマジマリからは2つ目の辺にヒラキを打つ前に、黒1の点に備えなければいけないんです。堅実な分、スピード面では少し劣るということですね。

 以上、コゲイマジマリでした。


 次は、このシマリです。

 【2】オオゲイマジマリ



 コゲイマジマリに比べ、下辺を重視しています。その分、右辺からの攻撃には弱いです。
 具体的に見てみましょう。



 いっぱいにツメられた場合、黒は受けるくらいが相場です。
 攻めようとしても・・・。



 ツメた石を犠牲にして隅を荒らします。この結果だと、とても攻めの成果が上がっているとは言えません。黒の形は、だいぶ重複していますので・・・。
 要するに、白1のツメは甘受するしかないということです。

 そして、コゲイマジマリと同じく・・・やはり模様の中核にはなり得ません。



 というのも、白1から5までと、楽に圧縮されてしまうからです。



 ・・・と、なんだか弱点ばかり書いてしまった気がしますが。それを補って有り余るくらいに、下辺への影響力は高いです。
 星にヒラキを打った形は、理想形に近いですので。下辺を中心に模様を作りたい場合には、非常に有力です。



 3番目は、このシマリです。

 【3】一間ジマリ



 4線にシマリを打つこの形。下辺からの侵略には、玄関半開き状態ですが・・・その分、中央と右辺には影響力が大きいです。



 両方にヒラキを打つと、理想的な模様となります。
 上から消す手段が無いのですね。



 ただし、下辺からのツメに対して・・・隅の地を守りきれません。
 守れなくは無いのですが、サガリを打つ形は余りにも非効率的。



 コゲイマジマリにツメを打たれて、上にナラビを打つ・・・なんてことは、絶対に無いですよね!?
 しかし、一間ジマリを守るのは、まさにその状態です。有り得ません。

 つまり、隅の地を守るという点では、コゲイマ・オオゲイマジマリより劣っているということです。


 最後は、このシマリです。

 【4】二間ジマリ



 一間ジマリから、更に中央と下辺に影響力を増やした形です。
 その分、隅がガラ空きになるのは仕方ありません。



 隅からは侵略する手が常にあります。ツケから、黒はどんなに最善に打っても不利なコウが免れません。なので、相当に甘い手段だと言えます。しかし・・・。



 両方にヒラキがある場合。または、両方に厚みがあって、模様の完成を目指したい場合には・・・二間ジマリが最善の手段となります。隅の手段は関係なく、辺や中央に大きな夢を描けるのです。


 ・・・以上、4つのシマリを見てきました。どれも堅さ、影響を及ぼす場所はそれぞれ。一長一短なので、状況に合わせて使い分けてください。これ以降、「シマリ」と書いた場合はこの4つのシマリの総称ということにします。図としては、1つしか載せませんが・・・周りの環境によって、打ち分けてみてください。


 そして、これはオマケですが。

 【番外編】・・・シマリ?



 二線にシマリを打つという、奇想天外なシマリです。なんと呼んだら良いのか、ちょっとわかりませんが。
 しかし、驚くべきことに・・・これを考案したのは、韓国の棋士なんです。しかも、実際の試合で打っています。

 見た目、黒が悪いと思うのですが・・・しかし、常識外なだけで「悪い」とは一概に言い切れません。
 「何処に打っても自由」なのが、囲碁の良いところ。しかも、囲碁を楽しむのはアマシュアの特権です。なので、こんなオリジナリティーに溢れたシマリを打ってみるのも一興かも知れません。相手はビックリするのは間違いないでしょうし・・・。


 ということで、シマリ各種の応接でした。


 ◆構えのススメ【5】




「構えのススメ」に戻る