×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
 


Music rist

#81〜#85


曲名をクリックすると、歌詞が別窓で表示されます。


荒んだ時こそ、甘い歌が効く?
ということで、甘い楽曲でまとめてみました(笑)。


音楽のtopに戻る


 
 


 
 


#81 僕の恋愛事情と台所事情


作詞・作曲:城島 茂




 「メントレG」でエンディング曲を決定する際、各自が作詞作曲した楽曲を匿名で公開。
 視聴者投票で選ばれたのが、リーダー作のこの曲でした。

 2005年に発売されています。
 現在のところ、唯一のDVDシングルです。


 週末に会うカップルの情景を、男性目線で描いています。
 顔文字がふんだんに使われており、本当に”可愛い”の一言。
 男性心理を巧みに捉えてますね。

 必死に、天使を追いかけている様子がコミカル。
《愛してる うぅ…(*_*)愛してるゥ/素直に 言わせろョ(>_<)y-〜〜〜》

 こんなふわっとした恋愛ができたら楽しいなぁ、と思いますね。



2006.09.26
夜風 よふ



 
 


 
 


#82 ロージー


作詞・作曲:AIKO




 aikoの3rdアルバム「夏服」に収録。
 これまた甘い名曲です。


《遠くからじっとこらえて見つめているようじゃ
幸せもきっと逃げてゆくわ
だからあたしはあなたに言ったのよ
「生まれた時からずっとあなたに抱きしめて欲しかったの」》

 片想いを思い切って告白しています。
 その台詞に泣けますね。
 こんなこと言われたら、卒倒しそうです(笑)。

 恋は盲目、とはこのような状態を言うのかもしれません。


2006.9.29
夜風よふ



 
 


 
 


#83 カプチーノ


作詞・作曲:椎名 林檎




 歌手活動をしていたことが知られているかは不明ですが。
 ともさかりえの楽曲です。

 親友の椎名林檎女史がプロデュースしています。
 当然、尖った曲が中心になるのですが(笑)。
 これは穏やかな、それでいて甘い歌です。


 付き合ってる2人
 少女は、彼のために必死になっています。
 その様子が微笑ましい。

 「今度逢う時はコートも要らない」
 そんなこと、普通に言われても。
 忙しいから、仕方ないとはいえ……。
 梅の散る、早春になっても、引く手の加減を憶えてていられるかしら。

 誰よりもあたしをちゃんと見透かしてね。
 わたしの温度も変わっちゃうけれど、それでも許してね。
 黙って置いていったりしないでね。


 彼女はミルク、彼はコーヒー。
 混ざり合って「カプチーノ」。
 イーブンな関係に成りたい。

 可愛い感情です。


2006.10.3
夜風よふ



 
 


 
 


#84 LOVE LOVE SHOW


作詞・作曲:吉井 和哉





 1997年リリース、The Yellow Monkeyの楽曲です。

 「おねえさん・・・」から始まる歌詞が印象的。
 基本的に、相手の女性を賛辞しています。

 メインテーマは”愛とはなにか?”
 《「愛とはあなたのため」だとか言ったら/疑われるけど がんばっちゃうもんね》
 《「愛とは自分のため」だとか言ったら/嫌がられるけど それもあるんだよね》
 《「愛には形がないよ」とか言うけど/触れられなければ 淋しいもんだよね》
 この3フレーズは、それぞれ秀逸だと思います。

 確かに、相手のためでもあります。だから頑張れる。
 でも、自分のためでもあります。与え、与えられる関係が良い。
 形がないとは言っても、触れられないと淋しいです。

 《それじゃさよならお元気で LOVE LOVE SHOW》
 結局、この歌詞からすると別れてしまったのでしょうか?


 愛を歌っていて、ライトな曲調と裏腹に、なかなか深い楽曲です。
 ”SHOW”は”しよう”と掛詞なんでしょうね。


2006.10.4
夜風よふ



 
 


 
 


#85 Love Love Love


作詞・作曲:平井 堅





 平井堅がブレイクしたのは7thシングル「楽園」。
 その直前に出されたのが、この曲です。

 至高のLove songと信じて疑いません。


 「この想いを、ぬくもりを、すべてを伝えなきゃ」
 そんな真っ直ぐで純な気持ちで溢れています。

 歌詞が全体的に好きなのですが、もっとも良いと思ったのはココ。
《君の好きなもの 順番に並べて リストを作ってみたとして/僕の名前が もしもあったなら 一体何番目だろう》
 これは名言ですね。

 いったい、何番目なのでしょうか?


 片想い中・両想い中、両方のシチュエーションで泣ける。
 文字通りのLove songですね。


2006.10.13.
夜風よふ