×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
 


Music rist

JITTERIN’JINN


曲名をクリックすると、歌詞が別窓で表示されます。

音楽のtopに戻る


 
 


 
 


#48  夏祭り


作詞・作曲:破矢 ジンタ




 女性2人と男性2人というバンド構成は、珍しいのではないでしょうか。JITTERIN’JINN、1990年のナンバー。
 2000年にWhiteberryがカバーして話題になりました。

 おそらく、主人公は中学生くらいの少年と少女。
 可愛らしい恋愛風景を、少女の視点で描いています。


 夏祭りに少年を誘った少女。
 少年の浴衣姿が眩しくて、恋心と相俟って、胸が騒ぎます。

 「はなれないで」と出しかけた手を、仕舞ってしまう。
 ・・・もう一歩、恋が前進できない。

 金魚すくいにはしゃく姿、その横顔がとても可愛い。
 綿菓子を買って御機嫌・・・でも、友達に見つかったら照れくさい。

 この年の頃って、男の子より女の子の方がオトナなもの(例外はあるかも知れませんが・・・)。
 案の定、少女の恋心に、少年は気づく気配がありません。

 神社の中で、石段に座って。線香花火をしながら、色々なことを話して。
 それでも、少女は「好き」だってことが言えなかった・・・。

「君がいた夏は遠い夢の中/空に消えてった打ち上げ花火」

 少女の想いは、伝わりませんでした。
 綺麗で切ない、遠い夏の思い出・・・。


 何か、本当にありそうな話ですよね。
 初々しい恋愛模様を描いた、名曲です。


 ※追記(06/1/11)
 ご指摘受けたのですが「主人公が少年で、少女に向けて歌った」という捉え方もできそうです。



2005年7月26日
よふ



 
 


 
 


#59  プレゼント


作詞・作曲:破矢 ジンタ




 1990年リリース、JITTERIN'JINNの楽曲です。


 《あなたが私にくれたもの》というフレーズを頭につけ、プレゼントを列挙していきます。
 ハンチング・ランニング・サングラスetc.・・・いっぱい、いっぱい物を貰っています。

 でも、とある事実が判明。
 《大好きだったけど彼女がいたなんて》
 ・・・いと切ない。

 それでも、ストーカーになるでも無く、怒りをぶつけるわけでも無く。
 「じゃ、私から最後のプレゼント。さよならしてあげるわ。」
 なんという、いじらしい。

 主人公の少女は、プレゼントをいっぱい貰いました。
 でも、本当に欲しかったのは・・・。
 《シャガールみたいな青い夜》
 《夢にまで見た淡い夢》
 《あの日生まれた恋心》
 そう、それはモノなんかじゃなかった。

 軽いノリの曲ですが、歌詞は切なくて深いです。


 モノが溢れている、現在の日本。
 だからこそ、「気持ち」とか「愛情」とか・・・形に出来ないものこそ、本当は大事なのかも知れません。


2006年1月11日
よふ