×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
 


Music rist

プッチモニ


曲名をクリックすると、歌詞が別窓で表示されます。

音楽のtopに戻る


 
 


 
 


#20  ちょこっとLOVE


作詞・作曲:つんく



 本日、管理人が誕生日・・・ということで、記念更新です(何故この曲がそうなのかは、後述します)。

 数年前に人気絶頂だったアイドル、モーニング娘。からの派生ユニット。色違いパーカーが衝撃的なプッチモニの、デビューシングルです。1999年発売(もう5年前ですか・・・)。何気なく、ミリオンヒットをかましていたりします。

 つんくは、プロデューサーとなってから、何十曲ものどこかで聞いたことのあるような楽曲を作ってきました。
 あくまでもノリが良く・・・耳につきやすい、音楽。つんくの作る楽曲には、それに中身の無いポップでキャッチーな歌詞が、乗せられています。ただ、この曲は・・・他の曲と違って、心動かされる歌詞があり。

 「愛という字を 思い出すとき/家族の顔が先に 浮かんできたぞ」

 なるほどなぁ、という感じ。人間誰しも、最初に愛情を注がれるのは両親であり、家族なんですね。そのことを意識して、この詩が書かれたのかはわかりませんが・・・とりあえず、良いフレーズかと。

 まぁ、特に最近・・・つんくの曲に、アーティスト性は全く感じられません。シャ乱Qだった頃は、少しは良かったと思うのですが・・・「売ること」を意識するようになってから、粗製濫造になっていった感じが否めません。
 そんな彼の「売ること」を目的にした楽曲の中でも、これは割と良い曲なのだと思います。


 さて。この曲が、なぜ誕生日と関係が有るのか・・・と言いますと。
 このユニット、プッチモニ。市井・保田とその他1名の3人ユニットでした。
 (※注 管理人は、その「他1名」が大嫌いです。なので、名前なんぞ書きたくもありません。理由は、挙げるとキリがないので、詳述しませんが。訊きたければ、自分に直接問うてみてください。)

 で。実は、保田さんの誕生日が12月6日なんですね。
 彼女は歌も踊りも一生懸命やっている様子が見て取れましたし。なにしろ、苦労人ですから(歌手を目指して高校を中退し、某C県のマク●ナルドでバイトしながら、オーディションを受け続けていたそうなので)、心の中で応援していました。ですが・・・最近、あまり姿を見かけません。真面目にやってる人間があまり報われていないのは、少し悲しいです。
 やはり人間、外見なのですか・・・?

 ということで。保田さん、誕生日おめでとうございます。ついでに、自分もおめでとう(笑)。
 つんくの楽曲をMusicで書くことは、もう無いでしょうね・・・多分きっと。


 あと。こちらは、オマケ→
 一昔前、某音楽ゲームで使われていた「Putit Love」(ちょこっとLOVEの、英語バージョン)です。歌詞は、1番だけですが。
 英語のほうが、意味が深くて・・・良い歌詞だったりしますね(笑)。「Mr. Lennon said it,All you need is love.」のあたりは、本当に秀逸な翻訳ですし。「。(マル)」が「My love.」というのも、なかなかかと。


2004年12月6日
よふ