×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
 


Music rist

Southern All Stars


曲名をクリックすると、歌詞が別窓で表示されます。

音楽のtopに戻る


 
 


 
 


#38  希望の轍


作詞・作曲:桑田佳佑




 1990年に発売されたアルバム『稲村ジェーン』(同名映画のサントラ盤)に収録されています。Southern All Stars(以下『サザン』)の楽曲です。TVで流れていたこともあるので、知っている方も多いかも知れません。


 主人公は、思い出を胸に秘め・・・明日への旅を続けています。
 別れに、こみ上げる涙。揺れる、揺れる、熱い想い。

 今まで走ってきた道と、これから走っていく道を・・・『轍』という単語で上手く表現しています。
 目的地まで、夢を乗せて走って行く主人公。そこまでの道のりには、また悲しみや辛い想いをすることがあるかも知れません。

 ・・・それでも、きっと、未来には希望が溢れています。


 サザンの楽曲はどれも良い曲が揃っています。シングルではないですが、管理人はこの曲が特にお気に入り。
 ライブでも、定番のナンバーなんだそうです。

 綺麗で力強いメロディーラインと、歌詞に勇気付けられます。
 旅立ちを迎える人に贈りたい、名曲です。


2005年3月22日
よふ



 
 


 
 


#47  LOVE AFFAIR〜秘密のデート〜


作詞・作曲:桑田佳佑




 夏到来!ということで、サザンです(笑)。1998年に発売されました。


 週末毎に逢う、男女・・・曲タイトルと歌詞から推測するに、言ってしまえば不倫関係。
 文字通り、「オトナの付き合い」です。

 ともすれば、ドロドロした感じになってしまう題材。
 それを、綺麗なメロディーと歌詞で至高のラブソングにしてしまうのは・・・凄いの一言でしょう。

 「二度と戻れない」お互いに気付いていても、離れられないドラマの中の2人。
 ・・・切ないです。

 そして、サビの部分に神奈川のデートスポットが散りばめられています。2人はそこで、週末毎に愛を確かめていたのでしょう。
「マリンルージュ」「大黒埠頭」「シーガーディアン」「ブルーライトバー」・・・なんだか、情景が浮かんでくるような気さえします。


 最初に聴いた当時は、「良いラブソングだなぁ」くらいにしか思っていなかったのですが。
 改めて歌詞を読んで聴くと、非常に深いです。

 不倫関係は御免こうむりたいですが、愛に溺れてみたいですね〜。(と、軽く危険発言・・・?)
 そんな気分にさせられる、名曲です。


2005年7月19日
よふ