×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
 


Music rist

TOKIO


曲名をクリックすると、歌詞が別窓で表示されます。

音楽のtopに戻る


 
 


 
 


#41  あたってくだけろ!


作詞:岡部 真理子 作曲:馬場 一嘉




 1997年発売、TOKIOのシングル『Julia』のカップリング曲です。
 マイナーですが、知られざる名曲です。


 まずい事態になって、頭が混乱する主人公。
 とりあえず、街にやつあたりしてみたり。

 流されてしまえば、楽にはなれるでしょう。
 でも、見上げた空は・・・青く広く続いていた。

 自分の悩みなんて、どこかちっぽけだったのか。
「人生は上々だ 捨てたもんじゃない」
 だから、彼は思うのです。
「とことん当たって くだけ散ってやる」

 周りに何を言われても、がむしゃらに動き続ける。
 だって、止まってしまうと・・・なんにも見えなくなって、どうにもならないから。

 向かい風でも、破れかぶれでも、笑ってやる。
 そんな強さを秘めて、彼は立ち向かっていきます。


 この歌は、自分の気持ちと重なる部分が多くて、凄く共感できます。
 いつでも走り続ける「あたってくだけろ!」の精神。戦っていれば、いつか道は拓けてくる・・・そう思うのです。

 余談ですが。この曲、フ○キラーのCMソングでした。
 良い曲なんですが・・・なぜに殺虫剤(笑)。


2005年4月2日
よふ



 
 


 
 


#4  Yesterday's

作詞・作曲:清水 昭男




 コンサートに2回も行っておいて、何も書かないというのは嘘でしょう。
 ということで、TOKIOのYesterday'sです。シングルでもカップリングでも無いですが、TOKIOの名曲のうちの1つです。

 夢を追っている主人公。この歌の主人公に限らず、人はみなそうなのだと思います。
 当然、欲しいものは山ほどある。でも、そうそう上手くいくわけじゃない。激しい雨が降っても、その後には綺麗な花が咲く。迷っても、つまづいても、どんな困難があろうとも・・・最終形の自分に向かって、歩き続ける。
 結果を追い求めがちな、今の世の中。でも、無駄なプロセスなんて有りはしない。
 そんなことを教えてくれ、力強いフレーズに元気づけられる曲です。

 この曲は、アルバム「YESTERDAY&TODAY」に収録されています。アルバム「5 AHEAD」には、アコースティックバージョンが収められています。ぜひ一度、聴いてみることをオススメします。


2004年 9月19日
よふ


 
 


 
 


#73  いぶし銀


作詞:オレ 作曲:オレfeaturingジャンボ





 アルバム「Graffity」に収録。国分太一ソロ曲。
 太一節炸裂、完全無欠のギャグ曲です。


 実話かどうかは定かでは無いですが
 小学校時代の生活が描かれています。

 とりあえず、歌詞カードに載ってないセリフが面白いのです。
 以前紹介した、Kinkiのボーダーラインと同じパターンですね。


 絶対に日の目は見ないでしょうが。
 セリフを一字一句憶えてしまった時分が居ます(笑)。


2006年3月30日
よふ



 
 


 
 


#50  大波小波Rock'n roll


作詞:樋口了一・国分太一 作曲:樋口了一




 記念すべき、50曲目のレビューですね。

 1998年発売のミニアルバム「電光石夏」に収録されています。
 TOKIOの楽曲の中でも随一の名曲である・・・と、個人的には思っています。


 季節は夏。
 モテない、金ない、情けないの三拍子(?)揃った主人公。
 ・・・でも、気分だけはナイスガイ。

 乗れない、立てない、泳げない。
 ・・・のはずなのに、意中の人が見てれば段違い。やる時はやる。

「沖で手を振ったら返事の笑顔/神様ありがとサンキュ/人生まだまだ捨てたもんじゃない」
 この、エネルギッシュな感じ(見方によっては、『単純』ですが・・・)。恋には、不可欠なのでしょう。

 しかし、調子に乗り過ぎたのか。低血圧で、倒れてしまいます。
 まさか、人工呼吸!?
 ・・・少し、寝ぼけてます。しようとしてるのは、男友達ですから・・・。

 色々ありながら、ついに告白・・・若々しくて、純粋です。
 そんな想いが、コミカルタッチで描かれています。


 ・・・と、割と普通っぽく書いていますが。
 なにしろ、この曲の聴き所は「セリフ」。それぞれに個性が出ています。

 グッさん(山口さん)は石焼イモの屋台が100%似合いますし。
 マボ(松岡さん)なら絶対「マブいチョッキの姉ちゃん!」ってナンパしてくれそう。
 そして、恋に悩むリーダー・・・。


 底抜けに明るい曲調、歌詞。
 そして、笑える台詞。

 国分氏の真骨頂・・・と、言えるでしょう。
 ぜひ夏に聴きたい、名曲です。

 なにより、この曲を当時の某Mステーションで歌った彼らは・・・本当に凄いと思います(笑)。


2005年8月24日
よふ



 
 


 
 


#67  自分のために


作詞・作曲:飯岡隆志





 自分応援ソング第二弾。
 ということで、2004年にリリースされたTOKIOの楽曲です。

 元気が出る歌詞・曲調もさることながら、この曲がPVが秀逸です。

 ということで、いつもとは趣向を変えて。
 PVで描かれている物語を書いてみます。
 なお、主人公はリーダーという設定です。



 まずは、TOKIOのライブ会場にて。
 リーダーのギターソロから始まります。
 腕には、銀色のリングが付いています。

 時をさかのぼること幾年月。
 中学時代の思い出。

 クラスの女の子が転校してしまうことになり。
 お別れ会が行われています。

 彼女の家の住所が書かれた紙が、下駄箱に置いてありました。
 しかし、寂しさで複雑な面持ちの少年。


 彼女は遠い場所に旅立ってしまいます。
 「そういえば、よく帰りにコロッケ食べてたっけな、あの子。」

 現在、3時。出発の時間には、ギリギリ間に合う。
 コロッケを買って、届けてあげよう!

 少年は雨の降りしきる中、肉屋に走りました。
 「今、ちょうど売り切れたよ。」

 でも、店主の山口さん。いい人です。
 しょんぼりする彼のために、コロッケを差し出します。

 満面の笑みをたたえ、彼はお礼を言って走り去っていきました。
 照れくさそうな店主。


 コロッケを持って、彼は自動車整備をしている松岡・長瀬の2人のもとへ走りました。
 そこで、事情を話す彼。

 「仕方ないなぁ。ほらよ、ヘルメット。」
 2人は、少年を彼女のもとへ送り届けることにしました。

 「ありがとう。」
 長瀬にバイクで送ってもらった少年は、再び走る、走る。


 橋の下でサッカーの練習をしていた国分に、場所を訊いて。
 ついに少年は、彼女のもとへ辿りつきました。

 コロッケを渡す少年。
 少女は、満面の笑みを浮かべ。

 そして、手首に付けた2つのリング。
 そのうちの1つを彼の腕に付けて。

 「さようなら。」
 彼女は去っていきました。


 時は、ライブ会場に戻り。
 そこで、観客の1人がリングを付けています。

 そう。
 少年は大人になり。アイドルとして、リングを付けて。
 少女も大人になり。観客として、リングを付けて。

 2つのリングは、2人の思い出です。


 そんなことを懐かしみながら、昔通った肉屋に行くリーダー。
 コロッケを買った直後、少年が。
 あれ・・・?


 売り切れていて、しょんぼりする少年。
 まるで、あの日の自分。

 「まぁ、いいからソレを渡しなって。」
 山口さんは、リーダーから渡されたコロッケの袋を、少年に渡します。

 「おう、悪かったね。ありがとな。」
 やはり、店主はいい男です。


 「あぁ、また違う物語を紡いでいくんだなぁ。」
 走り去る少年を、感慨深げに見つめるリーダー・・・。



 こんなハートウォーミングなストーリーを、4分に詰め込むって反則です。良過ぎます。
 「ding-dong」「花唄」も非常に秀逸なPVなので、機会があったら紹介します。

 最近は、松岡さんが総てのPV撮影を手がけています。
 才能を感じますね・・・。


2006年3月11日
よふ



 
 


 
 


#74  ジャンクフードの逆襲


作詞:夏野芹子 作曲:渡辺未来




 一転して、真面目な楽曲。
 アルバム「Yesterday&Today」収録。
 高音域が綺麗な、山口さんソロ曲です。


 ”オンナ”というのは、強い存在ですよね。
 それが、付き合っている女性なら尚更でしょう。

 気まずいムードに、失言。
 UPで叫ばれる。

 かと思うと、甘えられる。
 彼女はいつも気まぐれ。

 うーん、ツライ。

《オンナって細かいこと性格に覚えてて/そっちこそ何を食べればそんな風になれるのさ?》
《オンナって男のする行動を見通してて/そっちこそどこ鍛えればそんな風になれるのさ?》
 女性に対する男性の想いは、総てこの2文に集約されると思います。
 蓋し名言です。名言です。名言です!!


 この曲を録ったとき、山口さんは高熱が出ていたそうです。
 それで、あのハスキーボイス。たまりません。

 本当に、女性って怖いですね。
 別に、話してる分には問題ないのですが。
 心の何処かで、怖がってますね。きっと。


2006年3月30日
よふ



 
 


 
 


#72  Sugarless LOVE


作詞:おちまさと 作曲:清水昭男




 これも「5 AHEAD」収録。マボ(松岡さん)のソロ曲。
 紫のスーツで出てきたときは、本当にどうしようかと思いました(笑)。

 次点は「僕の叔父さん〜my uncle is nice gay〜」。迷ったのですが。
 こちらの方が、メッセージ性があったので・・・。


 援助交際する女子校生が描かれています。

 愛無き体を引き換えにして、お金を貰う。
 そして、そのお金で欲望を埋め尽くす。

 甘くない、愛。
 本当の世界に戻れない。

 それを知っていても、また援交に身を委ねる・・・。

 「本当の愛は何処?」
 答えに気付く日まで、彼女の苦悩は続きます。


 あいにく、援助交際をするような人とは縁遠いので解らないのですが。
 彼女らも、きっと悩み多いのでは無いかと思います。

 だって、体を売っていられるのは若い時分だけ。
 しかも、その高収入な生活水準を体感してしまうと、元の生活に戻れない。

 水を売る、割の良い、バイト。
 しかし、身体や精神は確実に削れて行く。

 ・・・本人は、その深刻さに気付いて無いかもしれませんが。


 流石、おちまさと。
 歌詞が深いですね・・・。


2006年3月30日
よふ



 
 


 
 


#71  T2


作詞・作曲:国分太一




 アルバム「5 AHEAD」に収録。ノリが良く、ライブの定番曲。
 今回も演ってました。
 タイトルは《ティーツー》と読みます。
 メインボーカルは長瀬。


 テーマは「遅刻の悲劇」。
 TOKIOメンバーのうち、イニシャルにTの付く2人が遅刻する情景が描かれています。
 個人的な推測ですが、恐らく太一《Taichi》と智也《Tomoya》の2人でしょう。
 達也《Tatsuya》も確かにTですが、遅刻する場面が思い浮かばないので・・・。


 気まずい時間の過ぎる車中。
 どんなに頑張っても、時間は戻らないし。
 ヒーローだって現れない。

 時計の針を指で止めても、事態は好転しない。
 あぁ、どうしよう。


 自分自身、遅刻はほとんどしないのですが。
 遅刻以外でも「追い詰められている場面」に、この曲が頭の中で流れます。

 ・・・どうしようもないことって、ありますよね。


2006年3月29日
よふ



 
 


 
 


#81 僕の恋愛事情と台所事情


作詞・作曲:城島茂




 「メントレG」でエンディング曲を決定する際、各自が作詞作曲した楽曲を匿名で公開。
 視聴者投票で選ばれたのが、リーダー作のこの曲でした。

 2005年に発売されています。
 現在のところ、唯一のDVDシングルです。


 週末に会うカップルの情景を、男性目線で描いています。
 顔文字がふんだんに使われており、本当に”可愛い”の一言。
 男性心理を巧みに捉えてますね。

 必死に、天使を追いかけている様子がコミカル。
《愛してる うぅ…(*_*)愛してるゥ/素直に 言わせろョ(>_<)y-〜〜〜》

 こんなふわっとした恋愛ができたら楽しいなぁ、と思いますね。



2006.09.26
夜風 よふ



 
 


 
 


#14  未来派センス


作詞:朝水 彼方 作曲:西脇 辰弥



 TOKIOの2枚目のアルバムに収録されています。隠れた名曲です。ライブでは、良く歌われていますが。

 何気ない日常の生活が、描かれています。
 「快速電車に飛び乗れた」こんな小さなことですが、幸せになれてしまいます。逆のパターンになってしまったら、目も当てられません。小さな幸せって、大事ですよね。
 せまってくる色々な、やらなきゃならないこと。次々とやってきますが、「あたってくだけろ!」で乗り越えて。
 なんだか、この曲を聴くと・・・元気がもらえます。

 しかし、それ以上に・・・自分が共感できるフレーズがあります。

 「やさしさは男の常識さ」

 ですよね・・・これは。
 自分も、このフレーズはモットーにして行動しています。相手は、老若男女問いませんが・・・特に、女性に対しては。
 時に、「気を遣いすぎ」と言われてしまうこともあるのですが・・・人の気持ちは、いくら考えてもわかりませんし。自分が、自分より相手を思いやってしまう傾向にあるので・・・そうなってしまうのでしょうか。まぁ、このスタイルは変わらないでしょう・・・きっと。
 「やさしさ」という常識を、たずさえて。生きていけたら、良いですね。

2004年 11月5日
よふ


 
 


 
 


#75  Baby blue


作詞・作曲:城島茂




 「5 AHEAD」収録。
 リーダー作詞・作曲による、至高のラブソングです。
 本当に、リーダー曲は選ぶのに迷いました(どれも、歌詞が良いので・・・)。
 しかし、この曲が一番”らしい”でしょう。


 別れを選んだ男女。
 錆にまみれた鍵を握り、男は旅立ちます。

《言わないけれど あいたい 会いたい 逢いたい》
 ガンガン言っとるやん!というツッコミは置いておいて。
 でも、男性心理としては、そういうものなのかも知れません。
 ”あいたい”というフレーズを、3パターンで使い分けてるのが見事。

《風の便りに聞いたよ まだひとりなんだね/季節は僕を追い越すけれど 馬鹿な期待をしている》
 城島節の真骨頂。
 切ない風の便り・・・。
 まぁ、別れてしまったものの。動けずに、季節に追い越され、期待もしている自分が居て。

《癒えないままじゃ会えない… 本当は逢いたいくせして/まだ強がる僕を 笑い飛ばしておくれ》
 そんなオトコを、笑い飛ばして欲しいのです。
 そうされることで、きっと、次に行ける。
 本当に、動き出せます。

 さて、この2人は何故別れてしまったのでしょう。
《歯車みたく 噛み合うだけじゃ no no no no》
 ”ピッタリ合う”だけでは、ダメだったのです(私見ですが)。

 これは、賛否両論あると思います。
 自分は、合ってても良い気はしますね。


 リーダーの世界観が現れた、名曲です。


2006年4月2日
よふ



 
 


 
 


#27  忘れえぬ君へ・・・


作詞:岡部 真理子・清水 昭男 作曲:清水 昭男




 1999年発売。TOKIOの楽曲です。
 この曲は、「TOKIO恋愛三部作」の3作目にあたります。とは言っても、この当時の認知度は低かったので、あまり知られてはいませんが(笑)。1作目「君を想うとき」が恋の始まり。2作目「何度も夢の中で繰り返すラブソング」恋の最中。そして、この3作目「忘れえぬ君へ・・・」が、恋の終わりをテーマにしています。


 幸福というのは、失って初めてその価値がわかります。この主人公は、そんな状態でしょう。
 彼女の心境の変化。それに気がつくのが、遅すぎたのです。

「優しさに慣れすぎてたんだ」

 でも、涙くらいは守れたはず。いくら後悔しても、もう戻ってはきません。
 彼は、純粋に愛していました。でも、見えない何かに負けた・・・。

「僕が僕であるための意味だった」

 それでも、2人はもう違う道を歩き出していきます。

「左肩にもたれる 幻よ眠れ・・・」

 1フレーズ1フレーズが、たたみかけるように唄われます。深く、そして切ないです。
 哀しくて、苦しくて。それでも、強さを感じます。

 涙を誘う、名曲です。


2005年2月12日
よふ