×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
 


Music rist

宇多田ヒカル


曲名をクリックすると、歌詞が別窓で表示されます。

音楽のtopに戻る


 
 



 
 


#45 traveling


作詞・作曲:Utada Hikaru




 平成の歌姫・・・なんですよね?(誰に訊いているのやら)
 宇多田ヒカル、9枚目のシングルです。


 週末、金曜の夜。『君』を連れて何処へでも・・・と、大胆な主人公。
 壊したくなる衝動、上がるスピード。若さに任せて爆走。

 と、思いきや・・・ふと我に返ったり。
 そして、少しだけ不安に思ったりして。

 それでも、自分の気持ちは止められないもの。
 健康的な色気を武器に、突き進んでいきます。

 そして、旅は、続く。


 宇多田ヒカルって、歌詞も曲も独特ですよね。この曲は、特にその傾向が強い気がします。
 単に突っ走ってる楽曲かと思いきや、古語的なフレーズが織り込まれていたり。

 サビに「traveling」とサブリミナルに入るのも、良いですし。個人的には、PVは一見の価値があるかと。
 こう、かなりはっちゃけた衣装で仮想現実の世界を駆け抜けています。歌詞とPVのギャップが面白い感じ。

 そんなギャップに惹かれるのは、自分だけなのでしょうか・・・。


2005年7月8日
よふ