×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
 


Music rist

山崎 まさよし


曲名をクリックすると、歌詞が別窓で表示されます。

音楽のtopに戻る


 
 


 
 


#52  One more time, One more chance


作詞・作曲:山崎 将義




 山崎まさよし、97年リリースの楽曲。
 まさよし氏の曲は全体的にクオリティ高めですが、自分はこの曲が最も好きです。


 主人公は、最愛の人と別れてしまった男性。
「せめて、もう一度だけ。もう一度だけ、機会を・・・。」

 逢いたいのに、何処にも見つからない。
 すべてかけて、抱きしめたいのに。

 一緒にいた季節が、うつろわなければ良いのに・・・。
 「好き」という言葉も言えないまま・・・。

 夏に、ふいに消えてしまった恋。
 君の笑顔を、破片(かけら)を、すべてを、探してしまう。

 主人公が「探している」場所は、同じ箇所が1つもありません。
 「向かいのホーム」「路地裏の窓」「交差点」「夢の中」「明け方の街」「桜木町」「旅先の店」「新聞の隅」。
 そして、「急行待ちの踏切」。

 何時でも何処でも探している。それでも、見つからない。
 そんな切ない感情が、精緻な歌詞からも伝わってきます。


 別れた男性の心理を歌った、至高の名曲です。



2005年10月15日
よふ