×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
 


置碁から学ぶ布石【10】



 《星の定石》では、三々入り・トビ・両ガカリしか説明しませんでした。
 しかし、もう1つ白には手段があります。

 互先の対局ではあまり見かけないでなのですが・・・。


  《5子局−3》


 ハサミに対して、上ツケを打つ手。
 定石の中でも割と変化球に近いです。
 これに対して・・・。




 ハネを打てば普通。
 白はヒキを打つくらい。

 ここで黒は2通りの打ち方があります。



 まずは下辺重視のカケツギ。
 その後・・・。




 白は両ガカリしてから、三々に入ります。




 黒は左からオサエ。
 その後、黒12のグズミが大事な一着。
 ここを逆に打たれると、形がぐちゃぐちゃになってしまいます。

 隅は白に明け渡す要領です。
 グイグイっとオシを打って、白を取ってしまいましょう。

 ちなみに、オシにノビを打たないと・・・。




 黒3・5の二段バネが手筋。
 これで白は右下隅に封じ込められてしまいます。

 以下は進行の1例ですが、下辺の白も威張れた形ではなく。
 白が苦しい情勢です。

 だだし、白にはさらなる変化球があり・・・。



 両ガカリを打たずに下辺を二段バネ、形を決めてから隅に襲い掛かる手があります。
 この戦いは部分的には互角ですが複雑なので、あまりオススメできません。

 もう1つの打ち方は・・・。



 ツケヒキを黒の打ち得と見て、ケイマに受ける手です。
 個人的には、こちらの方がシンプルでオススメ。




 その後、白はスベリを交換してからキリを打ちます。
 黒はアテてツギ。
 右下の黒石は捨石にする方針です。

 一段落したら、左辺の星に先着してしまいましょう。
 (上辺でも構いませんが、固い下辺は避けるのがコツ)

 さて、この折衝は黒が得した感じがします。
 というのも・・・。




 先ほど、ケイマ受けを紹介しました。
 ここから・・・。




 黒1〜白8まで交換したことになっています。
 黒1のツケは変な手ですが、白3のヒキはあまりにもへっぴり腰。
 白の領域だったはずが、あっさり黒に周りを固められてしまいました。


 ということで。
 この形は単純に受けるよりも打つよりも、さらに黒が良いと判断できます。


 なお、白がスベリを交換している理由を補足。
 もし打たずにキリを打ってしまうと・・・。



 黒6のスソ払いが厳しいのです。
 白は受けるくらい。
 この2手は黒の利かしです。

 黒のスソ払いに、もし手抜きすると・・・。



 ハイを利かされ、オサエを打たれます。
 これで、なんと部分的に眼が無くなります

 外はガラガラなので、死ぬことはないでしょうが・・・。
 こういう石を抱えていると、あまり強く打てません。

 ということで、スベリを打ってからのキリが相場になっているのです。


  【総括


 白の変化球・ツケにはハネを打って受けるのが解りやすくて良いでしょう。
 白としては、あんまり芳しくありません。


 以上、ハサミに対しての変化球でした。


 ◆置碁から学ぶ布石【11】




topに戻る