置碁から学ぶ布石【11】



 最後に、スピードで圧倒する5子局の打ち方を紹介します。


  《5子局−4》


 カカリに無視して、いきなり三連星に先着する打ち方です。
 「大きいところから打つ」というのを突き詰めていけば、ごく自然な構想でもあります。




 白の両ガカリに対して、コスミのみ利かすというのが軽い発想。
 同点にカケを打たれると窮屈ですので。

 右下隅は白の領域になっています。
 しかし、他のところはさながら7子局か9子局の景色。
 ということで、充分に理のある方法です。


 白の他の着手を紹介しておきますと・・・。



 三々に入られた場合、黒はオサエを打ってください。
 星の一間ハサミ定石の変形ですが、黒はハネで打てるだけ効率が良いです。

 白としては地で先行しても勝てないので、打ちにくい手でしょう。


 【総括


 シンプルな打ち方です。
 どんどんと辺に先着していきます。

 星のスピード感が存分に生かされており、有力な手法です。
 5子局の打ち方については以上です。


 ◆置碁から学ぶ布石【12】




topに戻る