置碁から学ぶ布石【12】



 「ツケノビ定石」という有名な定石があります。



 【星の定石】でも紹介した手てす。
 これを置碁に活用している方も時々見られますが・・・。

 結論から書くと、あまり良くありません。


 まずは9子局の場合。



 ツケノビ定石を打つと、右辺は固まります。
 しかし、白は何の不安も無く根拠を得ます。
 本来ならばイジメられていたはず。

 そして、下辺の星が役立たずになってしまったのも低評価。
 しかも白を強化することで、他の場所での無茶が可能になってしまうのです。

 7子局でも、ほぼ同じで・・・。



 先手で強化されたことに満足し、他のカカリに回られてしまいます。
 ツケヒキ定石は、攻める手ではなくて守る手です。
 確かにガチガチに守って勝てるかもしれませんが、それは置碁だからという理由に他なりません。

 ツケヒキ定石はある程度わかりやすいのですが、成長は望めない手。
 と、厳しく書いておきましょう。

 ツケヒキの類似定石・ツケオサエも同じ理由であまり好ましくありません。
 相手の石にツケる手は、守りの手ということが多いのです


 さて、次はとうとう3子局に突入します。



 ◆置碁から学ぶ布石【13】




topに戻る