置碁から学ぶ布石【2】



 さきほどのテーマでは、白は凄く紳士的でした。
 しかし、9子も置いた相手だと普通に打っては勝てません。
 (・・・本当は、黒が間違えない限り白は勝たなくて良い、というのが個人的な意見ですが)

 そこで「勝つために間違いとわかってる手を敢えて打つ」という、騙しまがいの手段が数多く存在するのです。
 今回は、そんな手の対策をいくつか。


  《9子局−2》


 ここまでは先程と同じ。
 ここで・・・。



 白が三々に打ってくる手段があります。
 明らかに図々しくて、無理なのですが・・・。



 反射的にオサエてしまう人が多いのです。
 こう打つと、白はもっと付け上がって・・・。




 ハネを打ってきます。
 黒3のオサエは好守なのですが(この手については後で詳述します)。
 1子を抜き、すっかり強化されてしまいました。

 原因は?
 そう、三々に対するオサエにあるわけで・・・。



 黒は強い石なのですから、サガリを打つ一手。
 これで、白が分断されて一気に苦しくなります。

 もう1度繰り返しておきます。
 黒は強い石です。




 白は、隅を生きに行くくらいしかないです。
 ここで・・・。



 出を利かして、二段バネが良い手。
 こういうナナメの手を打つと、心配だという方が多いのですが・・・。
 白にも弱点があるので大丈夫なのです。




 仮に、キリを打って1子を取ってきても・・・。



 両アタリになるキリから、2子を取る逆襲があります。
 これがあるので、白はキリを打てません。
 ということで、黒は安心して二段バネが打てるのです。




 白はツギ。黒もツギ。
 お互いにおさまりました。

 さて、白は隅を占領しました。
 しかし、黒は周りに鉄壁ができました。

 白の辺の石が、かなり寂しくなったのがおわかりでしょうか?
 隅で得した分、辺では余計に苦しくなってしまったのです。

 しかも、隅の形はまだ不完全で・・・。



 オキが高等テクニック。
 ここまでは覚えなくて良いです(笑)。
 が、こういう手段があって白地は2目になってしまいます。



 悔しいからといって、黒のオキにオサエを打つと。
 一本道でコウになってしまいます。
 これは一大事!!

 つまり、上の図で我慢するしかないのです。
 ・・・まぁ、オキまで打たれるようなら、置石なんて取っ払ってしまうでしょう(笑)。


 ということで、白の三々に対してサガリが良いのです。
 ただし、囲碁は常に周りの状況で手が変わります。
 いつでもどこでもサガリというのは疑問で・・・。



 こういう場面での三々には、サガリは疑問。
 要するに、分断するからには白を攻撃できないといけないのです。
 しかし、白の外側は鉄壁。



 せっかく鉄壁を張っても、まったく意味がありません。
 これでは白に地を取られただけ損になってしまいます。



 こういうときは、オサエが好手になります。
 守りに重きを置いた手段ということ。



 ハネに対しては、オサエがこれまた好手。
 一見、自殺手かと思われますが・・・。



 キリに対して下アテが関連した手段。



 白は取るくらいですので、黒はアテを打ちます。
 これで無事に黒は助かりました。
 白がもし伸びてきたら、1子をツナいでください。

 もし外側の白が強ければ、オサエが好手なのです。


  【総括】


 三々対策のまとめです。

 白の石は弱いので、サガリが絶対。
 生きにきたら、二段バネが攻守。
 これで鉄壁を張ることができます。

 もう一度繰り返します。
 黒石は強いのです。
 置碁の最序盤だと特に。

 なので、こういった強い態度で臨むことが大切です。



 ◆置碁から学ぶ布石【3】




topに戻る