×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
 


死活のススメ【11】



 死活について考えるとき。今まで説明した以外にも、重要なことがあります。
 それは、「ダメ」です。(ダメって何?という方は、こちらを先に見てください。→

 ダメが詰まると、生きにくくなります。なので・・・生きるために、より注意が必要です。例を挙げてみます。

  《図 11−1》


 典型的な、隅の6目形。外ダメが2つ以上開いていれば、安全です。



 白1にオキを打たれても、黒2にツケて生きています。右(a-2)と左(c-2)が見合いですね。



 逆にオキを打たれても、ブツカリで生きることができます。



 その後、白3に打たれても・・・。



 黒4に打つのが良く。白は、取りますが・・・。



 黒は、続いて6に打ち。ここまでで、生きることができます(白は、a-1に打つことができないので)。
 ちなみに、このような形をオシツブシと呼びます。

  《図 11−2》


 さて。ダメが1つになりました。白から打つと、どうなるかというと・・・。




 上にオキを打たれても・・・先程と同じように黒は下からツケを打って、生きられます。
 しかし、下にオキを打たれると・・・。



 図1と同じ展開になったとき、ダメの数に泣かされることになります。さっき決め手となったc-2の地点ですが、そこに打つと黒がアタリになってしまいます。ということは・・・a-1のコウを争って生きるほかありません。
 結論としては。ダメが1つの場合、コウが最善です。

  《図 11−3》


 さらにダメが詰まり、外ダメが無くなりました。
 この場合も、コウはあるのですが。もっと強烈な手があり・・・。



 上にツケる手が、強打になります。



 同じように、黒は防ぎますが・・・。



 白3に打たれ、万事休す。外に1つでもダメがあれば、c-2に打って生きられたのですが・・・。
 ということで、あえなく黒は死んでしまいました。つまり、ダメが無いと生きることができません。

 以上、ダメの数によって死活の結果が変わる・・・という例でした。
 実際、外ダメの数が0の場合。広さが6以上あっても、ピンチに陥る例は少なくありません。そして、隅は特殊なので・・・常識が通用しない部分もあります。死活を考える際には、注意が必要です。




 ◆死活のススメ【12】




「死活のススメ」に戻る