×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
 


死活のススメ【12】



 一気に【序】から読まれている方は、そろそろ疲れているかも知れません。
 ということで・・・ここで、いったん小休止にします。小噺を書きますので、リラックスして読んでください。


 「死活」とは・・・まぁ、言うまでもなく「石の生き死に」ですよね。

 さて。もし、死活を全て極めた人が居たとします(現実には、お目にかかったことはないですが)。
 その人は、果たして最強の打ち手なのでしょうか?

 結論から言うと・・・最強では無いことは間違いない。何故?と思われるかも知れませんが。
 というのも、詰碁の正解と実戦の正解は違うことが多い。つまり、部分での最強手と盤面全体での着手とは違うということ。

 いい例が、形勢判断と詰碁です。
 コウにするのが最強手。でも、2手かけて(コウだと、取るまでに少なくとも2手かかりますよね?)取りに行く間に、他の大きな2手を打たれて形勢を悪くした・・・これではいけません。詰碁に勝って、勝負に負けてしまいますから。

 ・・・こういう風に書くと「じゃあ死活やっても仕方ないじゃん」などと言われてしまうかもしれません。
 でも、それも違うんです。

 管理人の経験上・・・ある真理があって。
 「死活が強いからといって、実戦は強いとは限らない」んですよ。これは確かにそうなんです。
 でも、それ以上に「実戦が強い人は、すべからく死活が強い」んです。必ずと言っていいほど。

 つまり、死活というのは・・・強くなるための必要条件なのですね。十分条件ではないのですが。


 死活と実戦は、こんな関係にあります。






 それでは、本題に戻りましょう。

 ここまで、死活の基本的な考え方について説明してきました。ポイントを、軽くおさらいします。

(1)場所を広げる
→広さは、6がボーダーラインでしたね。
(2)柱を立てる
→広さが確保できなければ、柱を立てます。立てる場所は、一眼できる所ナカデになる所。隅ならば、2の1・2の2がポイントでした。
 この2つを考えても、生きられないときは・・・
(3)セキ
→眼がなくても、共存できる形です。ナカデを避けるのがポイント。
(4)コウ
→土俵際での、最後の粘り。

 これらを狙ってみる。という感じでした。
 あと、ダメ詰まりには注意を払わなければいけません。生きるように見えても、ダメが詰まると危なくなる場合があります。

 実戦では、これらを一緒に考えていかなければなりません。なぜなら、1つの方法だけで生きられるのは極めて稀だからです。例えば・・・場所を広げた後に、柱を立てるとか。または、柱を立てて、コウを狙うとか。そんな技術が必要となってきます。
 だからと言って、「死活は難しくてダメだ・・・」などと思わないでください。ここまで基本はきっちり学んできましたから、大丈夫。あとは実地訓練のみです。


 それでは・・・百聞は一見に如かず、案ずるより産むが易し。頑張っていきましょう。

 ◆死活のススメ【13】




「死活のススメ」に戻る