死活のススメ【14】




  《解答1》 黒先生き  難易度:★
 黒1・3で広さ6を確保でき、生きます。場所を広げる典型です。





  《解答2》 黒先生き  難易度:★
 黒1で、e-2(二眼を持つ手)とb-1(一眼を作る手)が見合いになります。柱を立てる典型です。
 ちなみに、広げると5目ナカデで仕留められますので、念のため。





  《解答3》 黒先生き  難易度:★
 黒1で、ガッチリ生きます。
 これも、広げると5目ナカデで2眼ありません。





  《解答4》 黒先生き  難易度:★
 やはり、広げたのでは生きられません
 一眼を確保するのが良く、これで生き。





  《解答5》 黒先生き  難易度:★★
 謙虚に、黒1が正解。a-2の2眼確保と、d-2の一眼確保を見合いにします。



 先にd-2に打つのは、この場合は欲張り。周りがあまりにも堅いので。
 符号順に8までで、隅のマガリ4目になってしまいます。





  《解答6》 黒先生き  難易度:★
 コスミで場所を広げるのが正解。1・2を交換した後は、どこかに手を入れれば生きます。3はその一例。
 ただし、手抜きは不可です。後の問題で、出てきますが。





  《解答7》 黒先コウ  難易度:★
 普通に打っては生きられません。カケツギでコウにするのが精一杯です。
 わからなかった方は、コウの項を再読してください。





  《問題8》 黒先生き  難易度:★★
 黒1で、2眼確保。
 古典詰碁は難しい問題が数多く有りますが、中にはこんな簡単な問題も有ります。





 《解答9》 黒先生き  難易度:★★
 黒1が良い手。広さが足りない形でも、こうして生きられることがあります。
 これも、わからなかった方はセキの項を再読してください。





 《解答10》 黒先生き  難易度:★★
 手堅く広さを確保します。サガリが正解。
 一見すると、c-1でも良さそうなのですが・・・その場合は、次図。



 符号順に4までで、コウにされてしまいますので失敗です。





 以上、基本問題(1)でした。正解率は、どうでしたか?
 ここでは、本当に死活の基本となる問題ばかりを集めたので、全問正解が望ましいです。
 できなかった問題は、復習してみてください。


 それでは、次に行きましょう。

 ◆死活のススメ【15】




「死活のススメ」に戻る