×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
 


死活のススメ【15】



 続いて、基本問題(2)です。ここでは、実戦に出やすい簡単な死活が主になっています。


  《問題11》 黒先生き  難易度:★★
 星に対して、隅で生きる手段があるのは【星の定石】でも書きました。常用の手なので、憶えておいてください。
 むしろ、入られる立場のほうが多いかも知れませんが・・・。





  《問題12》 黒先コウ  難易度:★★
 普通に広げると、どうなるでしょうか?
 それがわかると、打てる手も限られてきます。





  《問題13》 黒先生き  難易度:★★★
 実戦でも、良くでてきます。これが生きられれば立派。
 普通に打ったときの白の応手に、見るべきものがあります。





  《問題14》 黒先生き  難易度:★★
 後で詳しく説明しますが、この形は一合升と言います。
 場所が広いようでいて、案外脆い形。手抜きをすると酷い目に遭います。





  《問題15》 黒先生き  難易度:★★
 広さが充分ならば、柱を立てたほうが良いでしょう。
 特にダメ詰まりの場合は・・・広すぎると、内部崩壊を起こす可能性があるので。





  《問題16》 黒先  難易度:★★
 3手のヨミです。
 《問題4》を思い出すと、解きやすいかも知れません。





  《問題17》 黒先生き  難易度:★★★
 左右同型と見せかけて、実はそうではないんです。
 どう打つのが適切でしょうか?





  《問題18》 黒先生き  難易度:★★
 相手が強いときには、低空飛行が必要というのは以前やりました。しかし、低すぎても墜落してしまいます。
 死活は、かなりデリケートなものなのです。





  《問題19》 黒先生き  難易度:★★
 本文で詳しく解説した形です。ダメが2つ以上空いていれば、無事なはずなのですが・・・。





  《問題20》 黒先生き  難易度:★★★
 果たして、広げて良いかどうか。良くなければ、何処に打つかです。
 【死活のススメ】基本の集大成と言えます。




 先程と同じく、解答は次のページです。

 ◆死活のススメ【16】




「死活のススメ」に戻る