死活のススメ【2】



 【序】で少し触れましたが。「2眼」が綺麗な・・・というか、わかりやすい形でできることは殆どありません。
 では、どうすれば良いかというと・・・2眼(部屋)を作るための広さがあるかないか、ということで見分けることになります。
 というわけで。ここからは、石が生きるために必要な「広さ」について説明していきます。

 まずは、こちら。

  《図 2−1》


 広さは、1です。この黒石は、生きているでしょうか?
 ・・・アホなこと訊くな、って感じですね。もちろん、1眼なので死んでいます(これが理解できない方は、【序】をじっくりゆっくり読み直してください)。まぁ、欠け眼は眼ではない・・・すなわち0眼なので、それよりは良いのかも知れません。もちろん、欠け眼になる場所は「広さ」にカウントしません。

 次は、これ。

  《図 2−2》


 広さは、2です。この石は、生きていますか?
 「死んでいる」と即答された方は、次に進んでくださって結構です。

 初級者の方だと、迷われてしまうかもしれません。そんな方々のために、解説します。



 取りに行くとしたら・・・1のように、中にアタリにしていきますよね?



 黒は、次に取られてしまうので・・・1子を抜きます。すると、どうでしょう。見事に、図1の形に戻りました。
 ということは・・・図2の形は、あのままで1眼。死んでいるということです。

 では、次はこちら。だんだん、空間が広くなっていきます。

  《図 2−3》


 広さは、3になりました。この形、黒から打つと・・・。



 黒1に打って、生きます。これは、2眼ですね。ということは、広さが3以上あれば(一部の例外を除きますが)黒から打てば生きるということになります。
 では、白から打つとどうなるか。



 白は同じ場所に打ちます。
 ちなみに、このような相手の眼を1つにする手をナカデと呼びます。この場合、3目ナカデということになります。
 この形は、1部屋しか作れず・・・生きていません。念のために、確かめておきます。



 白は取りに行くとしたら、アタリにします。



 黒は取り。この形、図2と同じですね?ということは・・・1眼しかありません。
 つまり。白から打たれると、黒は生きていないということです。

 今は、まっすぐな広さ3の石でした。



 このように、折れ曲がったパターンもありますが。
 広さが3の場合は、さきほどと原理は変わらないので・・・各人で、確かめてみてください。


 次は、広さ4の形から見ていきます。


 ◆死活のススメ【3】




「死活のススメ」に戻る