死活のススメ【22】




  《解答35》 黒先結果如何  難易度:★★★

 見ての通り、がけっぷちの形。今までの隅の6目形の集大成です。

 (失敗図1)
 まず、場所を広げるのは白2のツケで死。これは本文でも触れましたが・・・ダメが詰まっているので、生きられません。




 (失敗図2)
 続いて、黒1の守り。いい形をしているように見えますが・・・。




 (失敗図2・続)
 白2のオキが鋭い一手。サエギルしかありませんが、白4に打たれ・・・またもダメヅマリに泣くことになります。




 (正解図1)
 万策尽きたかに見えますが、黒1のマガリが唯一の粘り。




 (正解図 変化1)
 ここで、白が普通に打つと生きてしまいます。念のため。




 (正解図2)
 ここで、白はツケ。これで黒を攻めます。




 (正解図 変化2)
 黒は防御に回ると、白2で脱出されてしまいます。ダメヅマリの悲哀、再び。
 コウを取っても、ツギ。これでカケ眼になってしまいます。これは黒の失敗。




 (正解図3)
 ということで、黒は広げるしかありません。
 ここからは、本文にも出ているコウの手段です。




 (正解図 総括)  結果:コウ
 こんなに小さい場所ですが、手筋の攻防が見られます。色々な手段があるものです。
 双方、最善を尽くしてコウになりました。





  《解答36》 黒先結果如何  難易度:★★★
 星の三々入り定石から派生する形。このような形を知っていてこそ、本当の意味で三々入り定石を理解していることになります。

 (失敗図1)
 初級者の方だと、反射的にオサエてしまうかも知れません。しかし、これは白の思惑通り。白2のツケから符号順にコウにされてしまいます。ちなみに、この手筋は《問題33》でやりましたね。




 (失敗図2)
 こちらをオサエるのも、あまり良くないです。
 やはりツケを打たれれば、コウにするのが精一杯ですし・・・。




 (失敗図2 変化)
 周りの状況によっては、強硬に殺しに来る手段さえ存在します。なので、失敗。




 (失敗図3)
 2の1もなかなかの着手です。しかし・・・白のオキが鋭い。
 手順を尽くすと、(失敗図2 変化)と同じ形になってしまいます。よって、失敗。




 (失敗図3 変化)
 ちなみに、黒5で2子をガッチリ取ると、白の侵入を防ぐことができません。ダメヅマリの恐怖。




 (正解図1)
 実は、周りの環境に左右されず生きる手があります。
 それが、黒1のマガリ。




 (正解図2)
 オキを打たれても、何をされても揺るがない2眼が確保されています。
 白の猛攻に耐えました。




 (正解図 総括)
 2の1か2の2が急所になっている場合が多いですが・・・今回は、2の2が急所でした。
 白2以下は蛇足。




  《類題》
 では、問題図の白3でオキを打ってきた場合、どうすれば良いでしょうか。
 結果としては、生きなのですが・・・。




  《類題 失敗図1》
 ツケてしまうのは、白の思惑通りえす。まんまとコウになってしまいました。




  《類題 失敗図2》
 マガリでも、生きますが少々損な形です。
 符号順に白4までセキになってしまいます。




  《類題 正解図》
 正解は、黒1のコスミ。隅の生きと眼持ちを見合いにします。
 これで、損せず生きられるのでした。むしろ、単にハネられるより得な形になっています。





 続きは、次のページです。



 ◆死活のススメ【23】




「死活のススメ」に戻る