×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
 


死活のススメ【5】



 さて。ここまで、「広さ」と「広さの判断法」について書いてきました。ここまでのポイントを、軽く復習しますと・・・。

・広さはがボーダーライン
・広さは打たれた形で考える

 ということでした。これらを踏まえて、実際の死活を考えてみましょう。


 死活を考える上で重要なポイントはスペースを広くすること。これが、第1のポイントです。
 広さが6以上あれば、生きる可能性は高くなります(表参照)。なので、とりあえずここから考えるのが一番の近道です。

  《図 5−1》


 黒番です。どう打てば生きるでしょう。
 まぁ、生き方は何通りかありますが。「広くする」には、どうするか・・・というのがテーマです。

 まず、広さを判断します。



 「打たれた形で考える」ので・・・ハネ、受けと打って広さはです。
 この場所を、広くすることを考えます。



 まずは、良くない例です。
 死活になれていない方だと、ともすると黒1にハネを打ってしまいがち。一見、広がっているようですが・・・。



 白2に打たれてしまいます。黒は、取るしかありません。



 取った図が、これです。良く見てみると、取った場所は欠け眼です。ということは、広さは5のままです。
 先に白が打つので・・・。



 5目ナカデで、綺麗に1眼になってしまいました。要するに、ハネでは場所は広がらないということです。
 ちなみに。白2のように、1線でわざと取らせて相手の場所を減らす手をウチカキと言います。

 では、黒はどう打てば良かったのでしょうか。



 正しくは、黒1のサガリ。こうすることで、相手に入り込まれる余地を与えずに場所を広げることができます。
 広さはで、生きていますね。

 もう1つ、オーソドックスな例を。

  《図 5−2》


 これも黒番です。どう打てば生きるか、わかりますか?
 まず、広さを判断します。



 いつものように、2線はサガリ、オサエ。1線はハネ、オサエ。この交換をして、広さはです。
 つまり、白から打たれたら2眼が出来ません。しかも、黒からサガリを打っても生きないということです。

 では、黒からはどう打ったら良いでしょうか。



 2線より上の場合、目一杯に広げるというのが基本。この形の場合、黒1のハネがスペースを広げる良い手です。
 石がナナメになるので、不安・・・という方がいるかも知れませんが。大丈夫です。



 仮に白1にキリを打たれても、符号順に黒4まで。難なく取ることができ、生きています。



 ということで、白はオサエを打つくらい。
 次の黒の手も、重要です。



 黒はサガリでスペースを広げています。1線なので、サガリが良いのですね。
 これで、広さは。生きています。

 もし仮に・・・サガリで無く、普通にツナギを打ったとすると。



 こうなります。この時点で、白番なので・・・。



 ハネ、オサエ。これでは、広さは。つまり、2眼が確保できません。

 ということで。もう1度、正解手順を示しておきます。



 黒はハネサガリのコンビネーションで、生きることができるのでした。

 要するに。場所を広げるポイントとしては・・・。
(1)2線は、ひたすら場所を広げる
(2)1線は、サガリを打って相手の侵略を防ぐ
 この2点が重要ですので、ぜひ理解してください。


 次は、場所を広げる方法について・・・いくつか例題を挙げて、説明します。


 ◆死活のススメ【6】




「死活のススメ」に戻る