×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
 


死活のススメ【8】



 いくつか、「柱を立てる」例題を取り上げていきます。

  《図 8−1》


 まずは、こちら。黒番です。
 普通に広げると、どうなるかというと。



 広げる場合、サガリが基本でした・・・なので、黒1。この時点で、広さは
 ということは、白2の五目ナカデで2眼が確保できなくなってしまいますね。

 場所を広げても、生きられない。こういうとき、の出番です。立てる場所としては、「少なくとも1眼が確保できる場所」や、「そこに打たれるとナカデになってしまう場所」から考えていけば良いです。なので、この場合・・・。



 先に、こちらに柱を立ててしまいます。
 白は、場所を狭めていきますが・・・。



 狭めてきても、黒3で・・・見事に、2眼を確保できました。奥ゆかしいですね。

 次は、この形。

  《図 8−2》


 少し難しいですが・・・柱を立てる例として、紹介します。
 まず、場所を広げるとどうなるか、考えます。



 広げるなら、いつものようにサガリですね。
 ここで、全て打たれたものとして広さをカウントしますと。



 ハネ、オサエ。ここまでで、広さはです。ということは、1眼の危険性が高いです。
 実際、黒がサガリを打った後、白は・・・。



 2に打つのが、柱を立てるのを防ぐ良い手。ちょうど、上図でのナカデの位置になっています。
 これで、黒は1眼しか確保できません。ここから広げても・・・。



 白に2眼を防がれてしまいます。仮に、このまま放置すると。



 白5に打たれて、攻め合い負けになってしまいます。
 なので、黒は5に打つしかないのですが・・・。



 この形・・・後述するセキと、混同してしまいやすいのですが。隅のマガリ四目という形で、取られています。
 ということは。黒は、どう生きれば良いでしょうか?こんなとき、やはり柱を立てるのが、役立ちます。



 ナカデの位置に、柱を立てます。これが良い手。
 黒は、場所を狭めに行きますが・・・。



 急所に打って、眼を確保することができます。

 以上のように、場所が少なければ柱を立てるのが良い手段です。
 柱を立てる場所について、ポイントをまとめておきます。

 ◆1眼を確保できる場所
 1眼をとりあえず確保できる場所は、眼が作りやすい場合が多いです。
 2眼を確保するなら、まず1眼から・・・ということですね。
 ◆場所を広げて打つと、そこにナカデにされてしまう場所
 敵の急所は、味方にとっても重要なポイントであることが多いです。
 ◆2の1・2の2
 隅に関しては、2の1・2の2が急所になっている場合が多いです。

 これらのポイントを、柱を立てるポイントの指針にしてみてください。




 ◆死活のススメ【9】




「死活のススメ」に戻る