死活のススメ【9】



 さて、ここまで「場所を広げる」「柱を立てる」という死活の2大要素について説明してきましたが。場所も広げられない、柱も立てられない・・・というか、急所に相手の石がある。どうしましょう?
 しかし、そんな場合でも・・・まだ諦めるには早いのです。

 今回は、特殊な生き方「セキ」についてです。
 ちなみに、セキの定義は「囲碁用語の基礎知識」に載せておきました。こちらからどうぞ→

 読んでいただければわかると思いますが。セキは、2眼が無くても生きられるという特殊な形です。
 死活で使うコツとしては。「ナカデにできない形に持っていく」のがポイント。
 例を挙げて、説明していきます。

  《図 9−1》


 白1と、眼形の急所に打たれて。一見、黒はピンチです。しかし・・・。



 黒は2に打ちます。白は、やはり眼の急所である3に。
 さて、急所を幾つも突かれた感じですが・・・。



 全部、周りのダメを詰められた形です。しかし、ここから白は取りに行けません。
 ということで、黒はセキにしてピンチを脱した・・・ということになります。

 もう1つ、実戦に出やすい形を紹介します。

  《図 9−2》


 黒番です。この時点で、広さは4。しかし、広げても5なので・・・ピンチです。
 柱を立てる場所も、ハッキリしません。



 とりあえず、黒1と真ん中に打ってみます。



 白は、眼の急所を突いてきます。
 黒としては、この白と繋がられたら死んでしまうので・・・。



 黒3と、連絡を防ぐしかありません。



 白は再び急所にオキ。黒は連絡を防ぎ。白は、6にツナいでナカデ狙い・・・ですが。
 良く見ると、この形。セキですね。要するに、図2の黒1が起死回生の手段だったわけです。


 まぁ、最初のうちは慣れないかも知れませんが。「場所を広げる」「柱を立てる」でうまく生きないような場合、セキにして生きる手段があるというのは知っておくと良いと思います。
 セキにする練習問題も、後ほど取り上げます。




 ◆死活のススメ【10】




「死活のススメ」に戻る