×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
 


あとがき



 【序】でも書いたとおり、死活は多くのアマチュア(特に、初級者〜級位者)が苦手としている分野です。
 そういった方々のために「死活のススメ」では、基本的な考え方をなるべくわかりやすく。そして、丁寧に解説したつもりです。

 「もっと問題をやりたい」と思ったら、ぜひ詰碁の本を手にとってみてください。ここに書かれているほど丁寧な解説は付いていないですが、問題量はたくさんあります。最初はとっつきにくいというイメージがありますが・・・そういった最初の障壁は、この文章を読んでいくうちに克服できていると思います。ですので、自信を持って取り組んでみてください。


 個人的な感想を述べさせていただくと。当初の予定では、ここまでのテキスト量は無かったはずなんですよ。でも、問題を入れて解答・解説を丁寧にしていったら・・・この量になってしまったと。見事に、サイト史上最多のテキスト量に。
 あと、口調がどこか先生っぽいですね。塾講師をやっているときの癖が出ているのかも知れません・・・職業病ですか(笑)。


 ということで。以上で、【死活のススメ】を終わらせていただきます。
 ありきたりな台詞ではございますが、ここまで読んでくださってありがとうございました。

 この文章が読者の方の棋力向上の一助となれば、これ以上の喜びはありません。


2004年2月24日
よふ




「死活のススメ」に戻る