×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
 


死活のススメ【序】



 囲碁では、「2眼があれば生き」というルールがあります。囲碁を打つときに、最初に習うことかも知れません。
 「それくらいのことは知ってますよ!」ですって?確かに、それはそうでしょう。
 ですが、このことをきちんと理解するのは、死活を勉強していくのに不可欠です。なので・・・【序】では「石の生きと死に」について、詳しく説明していきます。初心者・初級者の方はもちろん、級位者の方も・・・昔に返った気持ちで、読んでみてください。

 さて。「2眼で生き」とは言いますが・・・そもそも「眼」とは何なのでしょうか?
 眼とは・・・「石に囲まれて、相手の石が入れない空間」です。具体的には、こんな感じ。

  《図 序−1》


 4-fの地点は、白にとっては「着手禁止点」になります。石は縦・横を囲まれると取られてしまうので、自分から取られに行くことはできない・・・ということですね。
 これで、この4子は何をされても生き?いえいえ、そうではないです。先程のルールには「相手の石が取れる場合、自分から取られに行くような場所でも打つことが出来る」という例外がありますので。

 つまり、こういう場合は取られてしまいます。



 5-fと4-gの石は、アタリ(あと一手で取られる状態)ですよね。



 こういう場合は、4-fに打つことができます。取った後は、空いている部分があるからですね。ということは・・・1つ眼があるからといって、決して安全とは言えません。
 では、「何をされても安心な石」は、どのような状態を言うのでしょう。

  《図 序−2》


 例えば、このような状態。2つの眼があり、それが連結しています。



 周りを白に囲まれました。この黒石を取るには、c-4とe-4を同時に打たなければなりません。ですが・・・「黒・白交互に打つ」というのが、囲碁のルール。なので・・・どんなに頑張っても、この黒は取ることが出来ません。
 これが「2眼」であり。すなわち、「生き」の定義になります。つまり、どんなに白に囲まれた場所でも、2眼を作れば生きられるということですね。

 ここで、初心者の方は誤解しないで欲しいのですが。「なにがなんでも『2眼』を作れ!」というわけではないです。実際、このような典型的(?)な2眼になることは、ごく稀ですし。
 要するに・・・自分の陣地が、2つの部屋にわけることができれば問題ないわけです。

 少し解りにくいかもしれませんが。例を出して、説明します。

  《図 序−3》


 これは、さっきも同じ形がでてきました。黒から打てば、どう打つと生きられるかというと・・・。



 このように、真ん中に打てば『2眼』。で、生きられます。では、逆に白にここに打たれるとどうなるでしょう?



 ぱっと見た感じ、自分の陣地が2部屋にわけられない感じがしませんか?実際、その通りで・・・この石は、取られてしまう運命にあります。
 このように、相手の2眼を防ぐ手をナカデと言います。詳しくは、後ほど説明します。

 では、この形はどうでしょうか?

  《図 序−4》


 さっきの形より、1路広くなりました。これなら、どうでしょうか。



 白が、眼を潰しに来たとしても・・・。



 ここを塞げば、きちんと2部屋に分けられます。つまり、「生き」です。
 要するに。上図の4つ空間がある時点で、この黒は生きていたというわけ。つまり・・・部屋が分かれていなくても「交互に打っている限り、1部屋になってしまうことのない」石というのは、「生きている」ことになります。

 ということで。生きている石と死んでいる石について、次から詳しく説明していきます。


 ◆死活のススメ【1】




「死活のススメ」に戻る