×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
 


ヨセの科学【10】




 説明ばかりでは、理解しづらいことも多いです。
 まぁ、「案ずるより産むが易し」「習うより慣れろ」の精神ですね。


 ということで、問題演習です。

 目数は出入り計算で統一しますので、黒が打った場合と白が打った場合を比べてください。
 また、先手・後手を考えるのも忘れずに。

 「ヨセの手を考える」「価値を計算する」というのを同時にやるのは、最初のうちは難しいかもしれません。
 その場合は、「手を考える」ことに重点を置いてください。
 最初のうちは、計算よりもヨセの手筋を学ぶことが大切なので。

 頻出形ばかり集めたので、実戦にも役立つと思います。
 それでは、行ってみましょう。

  《問題1》


 やはり、1線のハネツギは基本中の基本・・・ということで。


  《問題2》


 やはり基本、二線のハネツギです。


  《問題3》


 形は少々違えど、これも学習済ですね。
 復習の意味も込めて・・・。


 解答・解説は次のページです。


 ◆ヨセの科学【11】




ヨセの科学topに戻る