ヨセの科学【13】




 それでは、解答・解説です。

  《解答4》


 二線のサガリからのヨセには、ポピュラーな手筋があります。


  《黒から打った場合》


 黒からは、まずオオゲイマに打ちます。
 サルスベリと呼ばれる手筋です。

 白の正しい対応は、意外と知られていないのですが・・・。



 この場合、白2のツケが正しいです。



 黒はコスミ、白はヒキ。
 後述しますが、アタリは打たないのがポイントです。



 後に白は、アテコミを決めます。
 黒はツギを打ちます。

 これを打たないと・・・。



 ホウリコミ、アテの連係プレーで取られてしまいます。


 (黒5は手抜き)

 ということで、黒ツギまでで一段落。
 注目して欲しいのは、ここまでで黒地は6目だということです。

  《参考図1》


 ここからは、サルスベリの止め方を色々書いていきます。
 まずは、白1のトビ。



 黒は出てキリを打ち、取ります。
 白は取られてしまいますが、これは予定通りで・・・。



 白5・白7と打ちます。
 ここまでで、キッチリ止まっていますね。

 白1〜7は代表的なサルスベリの止め方です。
 しかし。黒地は7目あります(6目+アゲハマ1目)ので、白が1目損ということになります。

  《参考図2》


 次は、マガリで止める方法。
 これも、先程のトビと同趣旨で・・・。



 白1子を犠牲にして、ピチっと止めるのが目的。
 これでも止まるのですが、やはり黒地は7目(6目+アゲハマ1目)で1目損

  《参考図3》


 さて、4つ目の止め方ということになります。
 こんな止め方もあります。



 前2型とは違いますが、黒地は7目です。
 やはり、1目損ですね。

 ・・・さて、4つ止め方を見てきました。
 問題図の場合、地を考えるとツケが最善です。

 ただ、ツケには例外もあるので述べておきますと。

  《参考図4》


 かなり強引な図ですが、例えばこんな場合。
 黒1のサルスベリに対して、如何受けるか・・・。



 この場合、1目損してもマガリまたはトビが正しい着手になります。



 復習がてら手順を示しますと、白8までの進行でしたね。



 では、この場合。
 ツケだと、何故良くないのでしょうか?



 黒3にハネるのが強手。
 上図は戦いの一例ですが、白全体がピンチになってしまいます。



 マガリですと、かなり味は悪いですが一応大丈夫です。
 要するに、ツケを打つと抵抗されたときに1手違ってくるのですね。
 右側がスカスカだと、こんな抵抗が生じます。

 難しいし、こんなの読みきれない・・・という方は。



 いっそコスミ・トビの超穏和路線でも良いくらい。
 要するに、サルスベリに対するツケは、外側がスカスカの場合には打ちにくいということを理解していただければ大丈夫です。

 以上、サルスベリの止め方は大事なので、詳しく触れました。


 で、だいぶ話が逸れましたが・・・。


  《白から打った場合》


 白からは、白1のオサエになります。
 ここから・・・。



 白1〜黒4のハネツギが、白の権利。
 ここまでで、一段落です。


 《正解図》

 (黒5は手抜き)                       (黒2は手抜き)

 左図は、黒地4目増目→目)。白地6目減目→目)で、10目。かつ先手。
 右図は、黒地4目減目→目)。白地6目増目→目)で、10目。こちらは後手。

 ということで、黒からは先手10目。白からは逆ヨセ(後手)10目になります。
 サルスベリ絡みの手は、非常に大きくなることが多いです。


 解答が非常に長くなってしまったので、解答5・6は次ページに分けます。



 ◆ヨセの科学【14】




ヨセの科学topに戻る