ヨセの科学【15】




 続けて行きます。


  《解答6》


 これは、黒の手段というよりも、白の受け方が問われる形でしょうね。


  《黒から打った場合》


 黒からは、普通にハネです。
 ここで、白は・・・。

  《変化図1》


 オサエを打つと、沈没します。
 間違いやすいところですが・・・。



 続いて、黒3のキリ。
 白はトリを打っても、逆に丸ごと取られてしまいます。

 これは、変化図というよりむしろ失敗図ですね。

  《変化図2》


 白2のグズミは、筋悪です。
 ですが、正解に限りなく近い、準正解。
 黒も注意が必要で・・・。



 普通に打ってしまうと、損してしまいます。



 グズミに対しては、黒はトビが手筋。



 白は、サエギると上からアテられて、丸ごと取られてしまいます。
 なので・・・。


 (黒7は手抜き)

 トビで黒の侵略を止めるくらい。
 黒7は手抜きなのですが、場合によっては黒に打たれてしまうのがマイナスポイント。
 まぁ、この場合はそのマイナスがほとんど気にならないので、準正解なのですが・・・。



 やはり、コスミが応手としては普通でしょう。



 ここで、黒はツケます。
 コウ材有利(コウ材が黒に多い)のときに限られます。

 というのも・・・。

  《変化図3》


 白は、コウにする手段があります。
 敗れたときの負担が大きいので、滅多なことではできませんが。
 一応、注意すべき手段でしょう。




 白は外からオサエを打ちます。以下、符号順で決着。
 準正解との違いは、必ずこの形になることと、コウ材によってはコウを仕掛けられる可能性があることです。

 つまり、白としてはコスミ受けの方が良いのですね。
 なお、ここまでは黒先手。


  《白から打った場合》


 白からは至極単純ですね。
 ハネツギで解決します。

  《正解図》


 地の数え方は、再び2線のみを数える方法に戻しています。

 黒から打った場合は、左図。黒地1目増目→目)、白地6目減10目→目)で7目。黒先手
 白から打った場合は、右図。黒地1目減目→目)、白地6目増目→10目)で7目

 ということで、黒からは先手7目。白からは逆ヨセ7目ということになります。


 逆ヨセは、その大きさも去ることながら、相手に与える精神的ダメージも非常に大きいです。
 打っていて、相手に逆ヨセを打たれて悔しい思いをする・・・というのは、誰しも経験があるのではないでしょうか。


 それでは、次行ってみましょう。


 ◆ヨセの科学【16】




ヨセの科学topに戻る