ヨセの科学【3】




 【2】片先手
 文字通り「片方から先手」という形です。
 先程のアテコミなどは、その典型ですね。

 ということで、説明していきます。

  《図3−1》


 【2】で出した形と似ていますが、微妙に違います。
 黒から打ちますと・・・。



 ハネツギが一連の動作。白ツギまでで一段落です。
 逆に、白から打ちますと・・・。



 同じくハネツギ。ただし、黒は備える必要が無いので手抜き。




 黒から打てば、先手で黒が1目増(5目→6目)、白が2目減(8目→6目)ですので先手3目
 白から打てば、後手で黒が1目減(6目→5目)、白が2目増(6目→8目)ですので後手3目

 つまり、先手後手の違いはあれど。どちらからも3目の価値があるということです。


 もう1つ、例を出しておきます。

  《図3−2》


 白から打つと、どうなるかと言いますと・・・。



 アテコミ、ツギの応酬になります。
 老婆心ながら、付け加えますが・・・。



 手抜きすると、キリを打たれて悶絶することに。
 これは、ヨセ以前の問題です。



 黒はツギを打つことになります。
 白はもちろん手抜き。

 ということで・・・。



 黒から打つと、黒地1目増(4目→5目)で後手1目。白から打つと黒地1目減(5目→4目)で先手1目
 白地の増減はありません。

 とりあえず、片先手とはこんな感じです。
 ヨセで打つアタリとかの類は、総てこれになりますね。


 ・・・ちなみに。相手の片先手を逆に打つことを、逆先手と呼んだりします。
 著者によっては、わざわざ分けてある書物もありますが。要するに、自分から打てば後手ヨセです。

 まぁ、逆に打つ分だけ、相手に与えるダメージは大きくなりますが・・・詳しくは後述します。


 次に両後手を説明して、先手・後手の総括とします。


 ◆ヨセの科学【4】




ヨセの科学topに戻る