ヨセの科学【6】




 さて、ここまでの内容で・・・一応、ほとんどのヨセは価値計算することができるのですが。
 【1】で説明した方法では足りない部分があるので、補足しておきます。

 ということで、権利折半”サガリサガリ”についてです。
 詳しく書くと「打つ権利は五分(確率が半々)だから、双方が打った手の真ん中を取って計算しましょうよ。」ということ。
 主に、両後手で使う計算方法です。

 具体的には・・・。

  《図6−1》


 何回も登場している、一線のヨセです。



 黒から打つと、ハネツギ。後手2目



 白から打っても、同じくハネツギ。後手2目
 どちらも打つ可能性は半々なので、権利折半した形”サガリサガリ”で考えます。
 便宜上、「どちらが打つか解らないけど、線を引いておこう」といった主旨です。



 つまり、両後手のヨセが残っている場合は”権利折半”で考えるということです。
 まぁ、難しいですが・・・問題をやりながら繰り返せば、少しずつ理解できるかと思います。

 そして、先手ヨセの場合はどう計算しているかというと。
 片先手両先手の場合は「権利を折半できない」んですね。打った者勝ち、なので。
 ということで、「双方が打った形」を比べて、計算します。

 つまり・・・。

  《図6−2》


 両先手の形に、再度登場いただきました。



 黒から打ったのが左図。右図に比べて黒は2目増、白は2目減
 白から打ったのが右図。左図に比べて白は2目増、黒は2目減
 どちらから打っても両先手4目ということになります。

 片先手の場合も同じで・・・。

  《図6−3》


 この形も、再登場です。




 黒から打った場合は左図。先手で黒地1目増、白地2目減
 白から打った場合は右図。後手で白地1目増、黒地1目減
 ということで、黒からは先手3目。白からは逆ヨセ(後手)3目なのでした。

 権利が半々では無い(要するに、片方から打てる確率が高い)ので、双方が打った形を比べるわけです。
 ご理解いただけたでしょうか?

 つまりは、片先手の形が残っていた場合、基本的に権利を行使した形(図で言うと左図)で計算することになります。
 ここは、黒の権利と見るわけですね。


 で、この権利折半”サガリサガリ”という考え方は『出入り計算』『見合い計算』の計算法にも通じます。
 ・・・また新しい言葉が出てきて、読者の方は混乱してきそうですね。次の項で説明します。

 まぁ、これで新出単語は最後なので。
 あと少し、我慢してお付き合いください。


 ◆ヨセの科学【7】




ヨセの科学topに戻る