×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
 


ヨセの科学【7】




 ヨセの価値計算方法には、「出入り計算」「見合い計算」という2種類があります。
 人によって、どちらを使うかは異なっています。

 まずは、それぞれの概要を説明しますと・・・。


 A)出入り計算
 これまで用いていた計算法です。
 すなわち、ヨセの価値を双方が打った形を比べて計算する方法。


  《図7−1》


 いつも同じ図で飽きが来てもいけないので、たまには違う例を。

 黒から打つと・・・。



 まず、ハネツギ。ここまでは後手ヨセです。


 (白4は手抜き)

 ただし、そこからの一線のヨセは、黒からは先手ヨセなので権利とみなします。
 ということで、ここまでで一段落。

 逆に、白から打つと・・・。



 やはり、ハネツギ。
 ここからの白のヨセですが・・・。


 (黒4は手抜き)

 一線ハネツギは先手なので権利とみなします。
 ここまでの図で比較して・・・。


 (白4は手抜き)                        (黒4は手抜き)

 左図は、右図と比べて黒地は5目増(2目→7目)。白地は7目減(9目→2目)。
 右図は、左図と比べて白地は7目増(2目→9目)、黒地は5目減(7目→2目)。

 つまり、出入りで12目の差があるので、双方から後手12目のヨセということになります。
 この計算方式が、出入り計算です。

 いままで、この方法で説明していたので・・・だいぶ慣れてもらえたと思います。


 B)見合い計算
 ヨセの価値を、権利折半の形に打っている状態と比べて計算する方法。
 目算の時に使いやすく、アマ高段者やプロにはこちらの使用者が圧倒的に多いでしょう。

  《図7−2》


 最初の方に出てきた図ですね。
 まぁ、憶えてなければ別に構いませんが(笑)。



 黒から打てば、ツギ。



 白から打つと、1子取り。




 左図、白地は0目です。右図だと、2目です。
 その合間を取って・・・。



 図の時点で、既に白地が1目あると数えるのが見合い計算の基本です。
 要するに、権利折半の形と比べるわけです。
 つまり・・・。



 黒1のツギは、後手1目(1目→0目)。



 白1の取りは後手1目(1目→2目)、と数えます。

 とりあえず、これが見合い計算の概略です。
 概ね、出入り計算と見合い計算では2倍の差があります。


 さて、なんで見合い計算が目算に向いているのかと言いますと。
 『打ち切っていない部分も地の計算ができる』ところにあります。
 要するに、両後手の部分は総て見合い計算を用いて”権利折半”の図で数えられるということです。

 具体的には・・・。

  《図7−3》


 右下隅と、左上隅と同じ形ができていますね。
 ここで、黒番という設定で2隅合わせて白地が何目あるかというのを考えて見ます。

 まず、左上にツギを打った場合・・・。



 ツギ、トリの交換で白に2目できています。
 逆に、右下ツギから打っても・・・。



 ツギ、トリの交換で白地2目
 どちらを打っても、白地は変わりません。

 つまりは・・・。



 この図の時点で、既に白地は2目あったってことです。
 見合い計算で(右下+左上)=(1目+1目)=2目
 こんな式にすると、わかりやすいでしょうか。

 見合い計算を用いることで、出入り計算だと同じだった後手2目先手2目の同じ”2目”にも、明確な差が生まれるわけです。
 つまり、先手2目は同じく先手2目で価値が変わらず。後手2目後手1目(権利折半で1目、それにプラスして1目)と数えることになるので・・・。


 ・・・と、つらつらと見合い計算について説明してきましたが。
 憶える必要は、全く御座いません。

 ヨセを打ち終わって両後手のヨセが残っている場合は、そのヨセの権利を折半して計算すれば良いのです(これについては、問題をやりながら説明します)。あと、次に説明するコウ絡みのヨセでも、この考え方は出てきます。

 まぁ、いずれにせよ初級者〜級位者の方々には全く要らないスキルです。
 まずは、ヨセの価値を判断するのが最優先ですので・・・。
 出入り計算を完璧にマスターして、目算を1目単位で計算したくなったら用いても良いと思います。


 ということで、基本的に此処の文章も出入り計算で統一します。
 見合い計算の説明を見て混乱してしまった方は、もう一度出入り計算の説明を御覧ください。



 ◆ヨセの科学【8】




ヨセの科学topに戻る