ヨセの科学【9】




 それでは、実際にヨセの計算をしていきます。

  《例題1》


 まずは、この形。

  《黒から打った場合》

 (黒8は手抜き)

 黒から打つと、コスミ、ハネツギ。
 その後、アテコミを利かす形です。

  《白から打った場合》


 逆に白から打った場合、コスミ・オサエが形。

 打ち切っていないところなので、権利折半で計算します。


 (白6は手抜き)

 つまり・・・。
 黒から打った場合は、左図。白から打った場合は、右図になります。
 両方とも、アテコミ(左図だとアタリ)は黒の権利ですので決まります。

 この、中間を取って・・・。



 権利折半”サガリサガリ”と、アテコミが決まった形で考えます。
 まぁ、細かい仕組みは理解できなくてもオッケーです。とりあえず、『1線の打ち切っていない両後手ヨセ=”サガリサガリ”』というのは憶えても良いでしょう(要するに、出入り計算(2目)の半分を、それぞれの地に加えているのですね。)

 ということで・・・。

  《正解図》

 (黒8は手抜き)

 左図だと、黒地は1目増6目7目)。白地は3目減7目4目)。
 右図では、白地は3目増4目7目)。黒地は1目減7目6目)。
 ただし、計算の便宜上黒3〜白6は加えていますが決して必然ではありませんのでご注意を

 で、どちらからも先手。
 ということで、このヨセは両先手4目ということになります。


 この形は、打つ手がお互いに1つずつしかありません。
 しかし、ほとんどのヨセは打つ形が複数あります。

 次は、そんな例を取り上げてみます。

  《例題2》


 2線のハネツギの形ですが・・・。
 意外と、複雑です。

  《黒から打った場合−1》


 ハネツギを打つ方法が1つ。



 サガリサガリで決まります。

  《白から打った場合−1》


 白からも、ハネツギを打つ方法が1つ。



 やはり、サガリサガリで決まります。
 ということで・・・。

  《正解図1》

 (白4は手抜き)

 両図とも、便宜上サガリサガリを加えています。
 左図は、黒3目増(3目→6目)。白3目減(6目→3目)。
 右図は、黒3目減(6目→3目)。白3目増(3目→6目)。

 両方から後手なので、ここのヨセは(両後手)6目ということになります。


 しかし、ここは他にも打ち方があります。

  《黒から打った場合−2》


 少々難しい手筋ですが、トビを打つ手があります。
 まぁ、手はこの際、如何でも良いです。

 重要なのは、ここまで先手で打てたということ。

  《白から打った場合−2》


 白からも、同じ進行になります。
 この図と比べると・・・。

  《正解図2》


 黒地、白地の増減はありません
 ただし、どちらも先手の形。

 要するに、相手にこの場所を打たれるくらいなら、先手で打つよ・・・という例です。
 どちらが良いかは、全局的な状況によります。

 「後手××目または先手○○目」と言ったヨセも多いです。


 さて、例題はこれぐらいにして。
 次から、問題演習をやっていきます。



 ◆ヨセの科学【10】




ヨセの科学topに戻る